那覇空港第二滑走路使用開始で着陸からゲートまで時間がかかるように…

第二滑走路供用開始は3月下旬なので何をいまさらって感じですが、6月下旬にようやく乗れたのでその時の感想です。ド素人なので間違ってたらすみません。

まずはマップを見てみましょう。

マップ東側の第一滑走路が18L/36R、西側の第二滑走路が18R/36Lとなります。ターミナルの位置は那覇空港駅の辺りです。

離陸は第一滑走路、着陸は第二滑走路を使用しているようです。そうすると離陸は18/36時代と同じ感じになり、着陸は第一滑走路を跨ぐ必要があります。

まず北側に向けて着陸、つまり36Lに着陸した場合は第一滑走路を跨ぐ時に離陸機は南側に移動するため、一番北側から跨げるのでスムーズです。

ところが南側に向けて着陸、つまり18R着陸の場合は着陸後に北側へ移動、第一滑走路との接続部分を通過すると北側には離陸機が集まるために通れず、南側へ進みます。そして第一滑走路真ん中あたりを跨いでから北へ移動、ゲートへ到着という流れになります。

つまり18R着陸だとタキシングが長いのです。私が乗ったときは第一滑走路を跨ぐ時に離陸機を待ったこともあり、着陸からゲートまで20分くらいかかったかと思います。

ただ、私が乗っていたのはB7で、第一滑走路を跨ぐ時に後から着陸したと思われるNUのB3も同時に跨いでいるのが窓から見えたので、小型機の場合は滑走路に対して斜めになっているところから跨げるのかもしれません。

7/10修正:マップには表示されていませんが、国内線ターミナルの近くで第一滑走路を跨げる部分が追加されたようで、18R着陸の場合でもそこを通る場合があり、その場合は着陸から10分程度でゲートへ到着できるようです。出発機が多い場合など、場合によっては書いたようにいったん南側へ進むこともあります。状況によって変わるということです。

2020-02 OKA旅行 パルコシティへ

ちょっと時間があったのでサンエーパルコシティに行ってみました。

展望台があるようなので屋上へ。ガラガラ↓

微妙な展望台↓

眺めは良いけど天気が良くないのが残念↓

屋上の展望台より、飲食店で海を眺めながら食事を楽しむほうが良いかと思います。

ちなみに「サンエー」なので食品売場もあり、おもろまちのサンエー那覇メインプレイスと同じような配置になっていました。

それにしても広すぎて全部見てまわる時間がありませんでした。歩き回るといい運動になるかもしれませんw

2020-02 OKA旅行 万座毛

宜野座の次は恩納にある万座毛へ。そこそこ距離があります。

万座毛へ行くのはかなり久しぶりで、前回は路線バスで行った覚えがあります。

駐車場と土産物屋があったはず…と思っていたら、何か工事をしていて駐車場が離れた場所に移されていました。駐車場までの道が狭く、対向車とすれ違うのもギリギリかもしれません。

駐車場から300mあります↓

長い↓

天気が良くなくて映りがイマイチ。それでも海の色は綺麗↓

工事中の部分は道の駅的なものができるようです。

2020-02 OKA旅行 キャンプ見学

翌朝、レンタカーで宜野座へ。阪神タイガースがキャンプしているところです。宜野座インターからすぐ近くのところにあります。ちなみに私はタイガースファンではありませんw

選手名が書かれた幟↓

歓迎↓

記念撮影用↓

ドームには入れません↓

少し雨が降ってきました↓

練習中↓

2020-02 OKA旅行 ホテル編

例のアレがまだそんなに騒がれていない頃、修行というよりか付き添いみたいな感じでOKAへ行ってきました。

行きの機内から。まだまだ乗る機会が少ないA350↓

OKA到着後は遅い時間だったのでそのままホテルへ。マンションの一室みたいな感じのホテルでした↓

テレビ周辺↓

キッチン↓

ミニテーブル↓

バス・トイレ別。浴槽は狭い↓

洗濯機、ガス乾燥機付き↓

そんなに広くは無いですが、ほぼ寝るだけなのでこれで十分。3泊しました。

2020-01 OKA修行 3回目 これで最後

今回が1月最後のOKA修行です。やはり往路F復路Jです。

今回の機内食はこんな感じ↓

茶菓が3回とも同じだったので飽きましたw

前も書いたけど、国内線Fは座席が合わないので次は数年後かな。あ、A350の座席は1回は試してみたいですね。

今回は桜が開花し始めたということで与儀公園に行ってみました。与儀十字路というバス停があるのでバスが便利です。

公園内はこんな感じ↓

入るとデゴイチが!こんなところにあるとは知りませんでした↓

状態は悪くは無さそうです。「延」と書いてあるので宮崎県の延岡ですね。

公園内には猫がいっぱいいました。近づいても動じない↓

肝心の桜は…ほんの一部だけ咲いている感じでした↓

満開になったら綺麗でしょうね↓

この花はいつでも咲いてますねw↓

2020-01 OKA修行 2回目 またF

1月2回目のOKA修行です。やはり往路がF、復路はJでのフライトです。

今回乗ったFの食事はこちら↓

思ったよりも量があってお腹いっぱいになります。でもラウンジにあるタンタン風スープのほうが美味かったと思ってしまったのは内緒w

今回も那覇で一泊する旅程です。ホテル代を入れてでも一泊したほうが安いのです。そう言えば最近はOKA日帰りってやっていない気がします。

今回のホテルは旭橋から徒歩数分のホテルです。格安ホテルに分類されると思います。本館、別館とプレミアム館があります。本館はロフトにベッドがあるタイプで非常に安いのですが、マットレスが薄くて腰痛持ちにはちょっと厳しい感じです。別館とプレミアムは浴槽がない以外は一般的なビジネスホテルと同じです。基本的に別館だとアメニティグッズがありません。

今回は別館を利用してみました。こんな部屋↓

デスク周辺↓

テレビはこんなところに↓

トイレ・シャワールーム↓

ちゃんと段差があってカーテンもあるのでトイレが水浸しになることはありません。

あるのはタオルだけで、歯ブラシやハンドソープ、シャンプー類のアメニティグッズは一切ありません。持ってなければ1Fの自販機で購入できます。プレミアム館だとアメニティグッズがあるので泊まるならプレミアムのほうがいいですね。

2020-01 OKA修行 ホテル編

今回は国道58号沿いでとまりん近くのホテルに宿泊します。このホテルはいつも安くて4000円台で泊まれるので良いと思います。本家HPよりもagodaで予約したほうが何故か安いというw

空港からはバス1本、泊高橋バス停下車です。99番と120番がメインで、やんばる急行バスも使えます。120番は国際通りを通る牧志経由と通らないで58号を走る久茂地経由があって、牧志経由だとちょっと離れた泊高橋バス停になるので注意です。といってもそんなに遠いわけではありません。
ちなみにモノレールだと美栄橋駅から徒歩で10分もかかりません。

隣にはローソンがあり、スーパーも徒歩数分のところにあるので便利です。隣がとまりんなので泊港から出る船に乗る時も便利です。とまりんにはOTSレンタカーの営業所もあります。

ということでホテルの部屋を紹介します。

狭いわけではないし、ごく一般的なビジネスホテルですね。

ベッドもセミダブルサイズでしょうか↓

浴室。もちろんアメニティグッズがありますし、タオルも3種類あります↓

このホテルの欠点は、エレベーターが1機しかないこと、ベッド横のミニテーブルが水平にならないことでしょうかw

那覇は比較的暖かい冬のようで、外は非常に過ごしやすい感じだったので旭橋まで散歩しました。そしてやっぱりステーキがあったので食べちゃいました↓

2020-01 OKA修行 5年ぶりの国内線F

今年の修行?開始です。久しぶりに国内線Fに乗りました。記憶がないので調べたら5年ぶりでした。F席自体はクラスJ扱いで何回か座っていますね。

これは何回も書いていますが、1月はHND-OKAの特便割引21が安いので、F席も安く取れる便があります。約2万円だったでしょうか。もちろん販売開始と同時でないと取れないですね。ルールが変わって330日前から買えるようになったので、早くも来年1月のチケット争奪戦がもう少しで始まることになります。

今回はB777-200のF席を利用しました。というかB767は5席しかないので特便割引21に割り当てられることは極めて少ないように見えます。772のF席は14席ありますが、もちろん満席です。

座席はもちろん前後左右でかなりゆったりしていますが、私はどうも合わない感じがします。フットレストがもうちょっと伸びてほしいところ。A350のFに乗って比較したいですね。

食事はこんな感じ↓

食後はコーヒーをいただきました。更にカップ麺を食べてる人もいましたね。

1泊して復路はクラスJです。復路は安いFの便が少ないので取りづらいですね。う~ん、私はクラスJで十分かなって感じがします。

HNDに到着後は乗り換え案内ボードを見るのが楽しみだったりしますwやはりOKAへ戻る人、更にはISG直行便に乗る強者もいました。修行の季節ですねw