2022-1 東北8 大曲→盛岡→一ノ関→気仙沼

大曲から盛岡行の普通列車に乗車します。6分前に到着する列車が折り返すと思っていたら、既に列車が入線していました。田沢湖線の普通列車用ホームは3番線しかないので、その到着列車はどこに入るんだろうと思ったら、秋田新幹線用のホームに入っていきました。そういう運用もあるんですね。

田沢湖線普通列車は701系5000番台。JR四国みたいな片側のみボックス席がある車両ですね。急遽仕事が入ってしまったのでずっとしていました。年始で臨時列車が多いのか頻繁に秋田新幹線とすれ違い、追い抜きがありました。

盛岡駅に到着↓

盛岡駅には2021年10月に花輪線から東北新幹線へ乗りかえるのに利用しましたが、花輪線は3セクホーム、そして新幹線にすぐに乗りかえたので在来線ホームに立つのはかなり久しぶりです。15年ぶりかもしれません。

かつてはここから「はつかり」号が発着して賑やかだったけど、現在は長いホームに単編成の普通列車が発着するだけになり寂しい感じがします。

そう言えばホームから地下道があった気がしますが、今は無いようです。

盛岡からは東北本線を上って一ノ関まで向かいます。一ノ関行はやはり701系でした。一番後ろに座っていると運転席の速度計が見えますが、110km/h出しまくっていました。車掌がきっぷの回収をしており、それに時間がかかって遅れが出ていて飛ばしていました。それでも一ノ関駅には数分遅れて到着。

この後は大船渡線で気仙沼まで向かいます。気仙沼駅付近はコンビニが遠いようなので(駅にニューデイズがあるけど営業時間外)、乗り換え時間を利用して一ノ関駅前のコンビニへ。ところが雪が凍りまくって非常に歩きにくいw

ホームに戻って大船渡線の最終列車に乗車します。キハ100単行でした。キハ100は110の短いバージョンですね。

ボックス席が中心。1-2ではなく2-2配置でした↓

約1時間半で終点の気仙沼に到着↓

駅前のホテルに宿泊しました↓

2022-1 東北7 大曲駅

大曲駅では雪は降っていなかったけど雪だらけでした↓

大曲駅は3面5線で1~2番線が奥羽本線の在来線、3番線が標準軌の田沢湖線、11~12番線が秋田新幹線となっています。秋田新幹線のホームへは、一度2~3番線ホームに降りて、南側の車止めの後ろにある中間改札を通っていく必要があります↓

E6系。初めてじっくり見た気がしますが、かなり鼻が長いですね↓

車止め↓

駅舎↓

ピアノがありました。私は弾けませんw↓

標準軌と狭軌の差がよく分かります。大曲~秋田は三線軌条の区間もありましたね↓

2022-1 東北6 新庄→大曲 701系車内にて

新庄~大曲の奥羽本線は普通列車のみのローカル路線となり、特に県境区間を含む真室川~湯沢間は本数が少ないです。

701系はガラガラでした。ロングシートだけど窓4つ分で車窓を楽しめます↓

及位駅に到着しました。「のぞき」と読む難読駅名ですね↓

次第に雪が強くなっていきました↓

長らくガラガラでしたが、湯沢から人が増え始め、横手あたりからは立客も出るくらいになりました。大きな荷物を持った人が多く、故郷から東京方面に戻るのか、お別れの挨拶をしているのを何度も見ました。

新庄から2時間近くかけて大曲に到着。到着後の701系を見たらすごいことに↓

2022-1 東北5 新庄駅

小牛田から約2時間半で新庄に到着。これで陸羽東線完乗となりました。新庄からは奥羽本線を下っていきます。乗ったかどうか曖昧だからです。

つばさ用E3系。銀色が復活するようですね↓

乗ってきたキハ110は5番線に到着↓

奥羽本線はご存じの通り福島~新庄が標準軌、新庄以北が狭軌となるのでレールが分断されています。1~2番線が標準軌、3~5番線が狭軌となっています。

4番線停車中の701系で大曲まで乗車します↓

本来ならば横手から北上線で北上へ出る予定でしたが、先日の記事に書いたとおり大雪で運休となりました。そこで大曲から田沢湖線で盛岡へ出ることにしました。田沢湖線と言えば普通列車の本数が極端に少ない路線ですが、運良く盛岡行の通し列車があったので「こまち」号に乗らなくて済みました。そして旅程を大幅に変更せずに済みました。

2022-1 東北4 小牛田→鳴子温泉→新庄 陸羽東線に乗る

利府から仙台に戻った後は、再び東北本線を下って小牛田へ。小牛田から未乗の陸羽東線に乗車しました。

時刻表をよく見ていなかったら古川駅で長時間停車がありました↓

古川駅は東北新幹線の駅でもあるので、新幹線へ(から)の接続をとっているようです。そのため古川~小牛田間の区間列車が多いです。

小牛田から乗車したのはキハ110で元々は陸羽西線で使用されていた車両だった記憶があります↓

1人掛け席は斜めに固定することができます。もう古い部類の車両であり、特殊な機構なのかガタつきが目立つ感じがしました。ちなみに斜めにしている人はいませんでした。

古川駅のホームは長めですね↓

すっかり雪景色↓

終点の鳴子温泉駅に到着しました。7分の乗り換えで新庄行に乗車します。

鳴子温泉駅ホームで撮影↓

新庄行のキハ110は通常仕様でした↓

2022-1 東北2 利府支線に乗る

東北本線には幾つかの支線があり、今回は利府支線に乗ります。新利府駅で降りた記憶はあるけど、利府駅まで行った記憶が曖昧なので、全線完乗に向けて乗っておくことにしました。

仙台から利府へは直通列車と途中の岩切で乗りかえるパターンがあります。今回は直通列車で701+E721で堂々の6両編成。だからガラガラです↓

701系は色々と不評な車両のようですが、車窓を楽しむのに良い車両であると思います。でも汚いので掃除してw↓

新幹線車庫の横を通り、なんと引退したE4系がいました↓

利府駅に到着。観光マップ↓

利府駅↓

ホーム先端↓

足下が凍っているところが多数あり、恐る恐る歩いていました。それでも転けそうになりましたw

2022-1 東北1 まずは仙台へ

18きっぷの残りを消化しに東北へ向かいます。この日は北上線に乗る予定が、寝る前に大雪で運休になっているのに気づきました。慌てて旅程変更を考えましたが、全体的に弄らない方向にすることにしました。

東北本線を下って那須塩原で下車します。旅程上、那須塩原~仙台間だけ別払いで新幹線に乗ります。たしか「タッチでgo」みたいなものを利用した気がします。

那須塩原駅新幹線ホーム↓

線路を見ると雪が↓

やまびこ203号に乗車↓

出発↓

杜の都に到着↓

寒いのと少し腹が減ったので天ぷら蕎麦を食べました↓

2021-12 東海19 南小谷から帰る

南小谷から701系じゃなくてE127系で信濃大町へ↓

大糸線には211系も使われていますが南小谷までは入らないようです。

変則セミクロスシート車↓

雪景色が続きます↓

信濃大町からは中央線直通列車に乗りかえます。211系3両でした。

茅野からは別切りで特急に乗っちゃいました↓

ケチって甲府で降りますw

甲府から再度211系に乗車しました↓

中央線快速電車に乗りかえたらトイレ付きの車両を初めて見ました↓

まだ使用不可だったと思います。

これで年末のJR東海全線完乗のお話は終わりです。ご覧いただきありがとうございました。

2021-12 東海18 糸魚川→南小谷

急行っていわゆる455/413系列車のことですね↓

しかし乗るのはこっち↓

キハ120のセミクロス車でした↓

のどかな風景が続きます↓

約1時間で南小谷駅に到着。ここからはJR東日本管内になります↓

特急あずさ号も定期列車としてあるのでホームが長め↓