楽天ポイントとNHマイルの交換が再開

楽天ポイントとNHマイルの交換が長い間休止されていましたが、7/1から再開されておりました。

交換条件は変わっていないけど、申し込んでから反映されるまでの時間が長くなりそうです。

基本的にNHには乗らないのでマイル獲得はポイント交換がメインです。今年はNHマイルを増やす目的でホテル予約時に楽天ポイントが多く貯まるプランを利用していていました。マイルを実質買うと言うことですね。だから交換が休止されたときは心配でしたが、とりあえず再開されてほっとしています。

今のところの狙いはNHの提携社特典航空券です。台湾と香港辺りのビジネスクラス利用で42000マイルが必要で、今のところ楽天だけでなく他のポイントも合わせて交換すると達する見込みです。

実は前回も利用していて、ビジネスクラスで9区間という旅程を作って実行したところ、6区間を使ったところで某流行病で利用不可となり残り3区間を払い戻ししました。

今はそんなに組み込めないとの噂もありますが、工夫すればそこそこ多く乗れると思います。これがNHの提携社特典航空券の魅力だし、腕の見せ所ですね。ただし前回と比べて燃油サーチャージがやたら高くなってしまったので、更に色々と工夫が必要かもしれません。

特典航空券の枠が無くて使い物にならない場合も少々考えられますが、その場合はトク旅マイルで使おうと思います。例えば那覇滞在中に宮古島に行きたくなったり、鉄道旅行でワープするのに使ったり、暇ができてどこかに行こうと思ったときなど、色々と使えますね。

NHマイルを補充

今年のフライト予約は国際線のみとなりました。修行的には次回のフライトで目標達成となります。

一方で鉄道で目標にしているJR全線完乗は…

・根室本線(富良野~新得)
・札沼線(桑園~北海道医療大学)
・日高本線(苫小牧~鵡川)
・北海道新幹線(奥津軽いまべつ~新函館北斗)
・梅田貨物線?(新大阪~大阪~西九条)

来年には北陸新幹線が延伸開業しますので更に増えます。日田彦山線は一部区間でBRT化されましたのでカウントをどうするか迷うところですが、列車代行バスで乗ったので乗り直さなくてもいいかなと思っています。自己満足の世界ですからねw

ということで北海道が4路線もあり、根室本線の未乗区間が来年で廃止となってしまうので早めに乗っておきたいと思いました。北海道&東日本パス利用して行こうとしましたが、さすがに1日中乗りっぱなしはもう若くないのでやめておこうかなとwそうなると飛行機ですね。JLのどこかにマイルで検索すると北海道縛りが容易に出てきていいかなぁと思ったけど、函館や女満別に当たっちゃうと未乗路線まで遠すぎです。

JLが微妙なのでNHのトク旅マイルに期待します。冬になるので3000マイルでも羽田~北海道路線が出てくるはずです。しかし先月に使ってしまったのでマイルが足りません。今週、ポイントサイト等からかき集めてどうにか6000マイルになりましたwあとは毎週火曜に発表される対象区間をチェックして発券するだけです。

2021-4 宮古島8 MMY-OKA NH

給油してレンタカーを返却、空港に送ってもらって帰ります。

帰りは普通席です。ガラガラ↓

MMYから鍛えた翼に乗るのは初めて↓

行きは素晴らしい景色でしたが、帰りも夕焼けが良い感じのフライトになりました。

左側に池間島が見えます↓

徐々に暗くなっていきOKAに到着↓

これで2021年4月記事は終了です。ご覧いただきありがとうございました。

2021-4 宮古島3 OKA-MMY その2 着陸編

今回は着陸編です。東平安名崎が見えます↓

こう見ると東側はずっと崖ですね↓

一度宮古島東部上空を通過して南へ↓

海が綺麗です↓

いつもなら来間島の南辺りから長間浜が見えるように着陸するパターンが多いけど、今回はなんと…↓

!?

来間大橋を横切るように通っての着陸でした。このパターンは初めてかもしれません。素晴らしい景色を楽しめました。

旋回すると奥に伊良部島が見えます↓

04着陸↓

素晴らしいフライトでした。MMY便はA席がオススメですね。ハズレの北側(22)からの着陸だとしても高野漁港付近の綺麗なビーチが見えますし。

2021-4 宮古島2 OKA-MMY その1 ナガンヌ島・慶良間諸島

今回から2回にわけて機内からの風景を紹介していきます。

那覇空港を北向きに離陸するとすぐに左手にナガンヌ島・神山島・クエフ島が見えます↓

左旋回↓

ナガンヌ島を拡大↓

無人島ですが、どこかでナガンヌ島へのツアーを見たことがあるような気がします。機会があれば上陸してみたいですね。

前方に慶良間諸島が見えます↓

後方はさきほどのナガンヌ島、離陸した那覇空港も見えます↓

渡嘉敷島で上が阿波連ビーチ、下が渡嘉志久ビーチ↓

阿波連ビーチを拡大。綺麗ですねぇ↓

慶良間諸島にもまだ行ってないのでそのうち行きたいですね。

2021-4 宮古島1 トクたびマイルで宮古島へ

2019~2020年にNHマイルで国際線特典航空券を利用しましたが、例のウイルスの影響で何区間かキャンセルとなり、よく覚えていませんが10000マイルくらい返却されました。

今回の那覇滞在は15泊で、滞在中にトクたびマイルで宮古島が片道3000マイルで出ていたので、再度国際線で利用するのは諦めて、マイルを消費して日帰りで行くことにしました。

そして事前アップグレードが3000円だったので往路だけアップグレードしてみました。往路は那覇空港のラウンジが使えますからね。

通常とはちょっと離れた手荷物検査場に入ってラウンジへ。NHの国内線ラウンジは初めてかもしれません。

そこそこ広く、とにかく座席数が多いラウンジでした↓

そして搭乗口へ。可哀想な機体がありました↓

人生2回目、すんごい久しぶりのプレミアムクラスです。前回はOKA-HNDでB744でした。今回はもちろんB737です。プレミアムクラスは私を含めて2名だけでした。座席↓

JL側を見ると国際線機材がいました↓

MMY便は距離が短すぎるせいか茶菓サービスでした。ISGだと食事が出るようです。
もらったもの↓

箱の中↓

アイスコーヒーを飲んだような気がします。あっという間に着陸して駐機場へ↓

5ヶ月ぶりの宮古島↓

搭乗中に素晴らしい景色を楽しめたので、その様子を2回に分けて載せる予定です。

NHタイムセールでHND-MMYが安い

NHが1/8-31搭乗分のタイムセールを11/18までやっていて、HND-MMYが10290円の日があります。

実は来年1月をどうしようか迷っていて、宮古島滞在も考えていました。以前から宮古島で長期滞在をしてみたいとずっと思ってはいたけど、那覇に比べて色々と料金が高くなるし、あそこは車がないと不便なんですよね。路線バスは貧弱だし…。ずっと車を借りているとホテル代より高くなるし、毎日乗るわけではないし。

ただ、スーパーに近くて長期滞在するのに良さそうなホテルを見つけたので、そこにしようかなぁと思っていたところにこの激安運賃が…。往路は朝早すぎないし、帰りも遅すぎず良い時間帯で安くて魅力的です。

ただ私は赤組メインなので、NHに乗るのは修行的には意味がありません。赤組の場合は直行便が13790円の日があるけど朝早すぎで使えないし、OKA乗り継ぎだと片道7000円以上高くなります。まぁマイルがそこそこ付くし、その他もろもろ赤組で行ったほうがいいやという結論に至り、完全に取り込まれていますw

グダグダ書きましたが、やはり宮古島に行くのは夏が良いですね。1月に行っても恐らくずっと曇天で面白くなさそうです。

SFCを狙うなら今がチャンス?

ちょっと前にNHが凄いキャンペーンを発表して話題になりました。

・2021年春 プレミアムポイント2倍キャンペーン
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/premium_point_2103/

3/22~6/30搭乗分について、NH便名でマイル積算率75%以上の国内線運賃ならばプレミアムポイントが2倍積算されるというキャンペーンです。

これはSFCを狙う大チャンスですね。おまけに下記キャンペーンもあります。

・2021年ボーナスプレミアムポイントと選べる特典の進呈について
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/news/info/210226/special/

これによるとただのAMCでも3000PPもらえるようです。つまり47000PP獲得すればプラチナメンバーになってSFCゲット?となるわけです。

普通席でHND-OKAに乗ると片道1476PP、2倍なので2952PP。往復だと5904PPとなります。よって8往復すれば47232PPでクリアとなります。

問題は幾らかかるかですね。基本的にHND-OKAはHND夕方~夜発、OKA午前発が安いのでHNDベースの方だとちょっと悩みどころです。ただし例外的に安い便もあるのでそれを利用すればよいと思います。

例えば5/23(日)を検索すると、

HND-OKA 0725-1010 NH463 9010円
OKA-HND 1100-1325 NH462 9910円
HND-OKA 1430-1715 NH475 7510円
OKA-HND 2010-2230 NH1096 12910円
(3/28検索)

こんな感じで約4万円で2往復できます。これを4回繰り返せば約16万円で修行できます。もちろんこれはきついので間の462と475を抜かして那覇観光するのもよし。土曜の午後発、宿泊して日曜午前発で戻るというのもありですね。

ところで私はSFCを持っていません。今回のキャンペーンを見て取ろうと欲がでましたが、よく考えたら他の星組を含めてほとんど乗らないし、その費用で沖縄でダラダラ過ごしたほうがいいなぁと思ってしまったので見送りました…。

2019-2020 NH提携社特典旅行 その17 NH TSA-HND

翌日は昼過ぎのフライトだったので、チェックアウトぎりぎりまでホテルに居ました。

ホテルから松山空港まではバスが便利ですね。本数も多いです。MRTだと乗り換えが必要で、乗り換え駅や松山機場駅ではちょっと歩きます。

搭乗券は既にNGOで受け取っているので、手荷物検査→出国検査へ。空いていてあっさりと通過。時間があるのでラウンジへ入ります。通常だとインビテーションカードを渡すようですが、NGOでは受け取っていません。すると係員がどこかへ電話して確認してようやく入場できました。TSAは恐らくこの共用ラウンジ1カ所しかありませんが、そこそこ広くて食事もいろいろあります。魯肉飯をいただきました。

優先搭乗時間となったのでゲートへ。搭乗券を渡すと一瞬止められましたが、問題なく通過しました。NH便なのに台紙がBRだったからかもしれません。

TSA-HNDはNQ運航、機材はB787で座席はクレードルですね。初めて座りましたが、フラットにはならないものの横にはなれそうなので、CXのリージョよりマシだと思いました。

おつまみ↓

食事はハンバーグステーキだったかな↓

隣の爺さんがCAに対していろいろとうるさかった以外は良いフライトでした。

残り3区間はコロナの影響で9月に変更しました。たぶん無理だろうなぁ…。

NH提携社特典航空券を発券

タイトルの通り、ついに発券しました。twitterにアップしたものと同じ画像を載せます↓

アジア1のビジネスクラスなので43000マイル使いました。税金等が高いのは多区間の旅程を組んだからです。単純往復なら1万円ちょいくらいでしょう。

税金等の詳細↓

今回の旅程は全て国際線で9区間になりました。9区間にしては燃油サーチャージが安いですね。本来なら燃油サーチャージだけで3万円近くになるはずです。何故安いかと言うと日本発ではないからです。

実際にどのような旅程を組んだのかについてはまだ明かさないでおきます。上の詳細でわかる人もいるかもしれませんがw

それにしてもNH提携社特典航空券はいろいろ組めて面白いですね。多区間の組み方は詳しく解説しているサイトがたくさんありますので参考にしてみると良いでしょう。