欧州修行(2018/10) その10 Italoに乗る

欧州の鉄道駅では直前にならないとホームが決まらないという事がよくありますが、ミラノ中央駅でも同様です。

Roma TerminiまでItalo号に乗車↓

よく調べたつもりでしたが、残念ながら進行方向逆向きの席でした↓

大型テーブル↓

電源付き↓

飲み物と軽食が出ました↓

風景↓

イタリアの線路は白い↓

途中駅間で停車したりして約40分の遅れでRoma Termini駅に到着しました。

欧州修行(2018/10) その9 ミラノ中央駅

Milano Centrale(ミラノ中央駅)に到着しました。

乗ったFrecciarossa号。なんとなくスピード感があります↓

FrecciarossaとItaloの並び↓

でかい広告↓

駅構内は欧州らしい建物↓

発車案内表示器↓

乗換時間は1時間程度だったので、駅周辺をウロウロするくらいでした。

欧州修行(2018/10) その8 Frecciarossaに乗る

NJ233はイタリアのVerona Porta Nuova駅に到着しました。6:24着で出発は7時だから長時間停車です。

私はこの駅で降りて後続の特急列車に乗ります。このままNJに乗ってミラノ中央駅まで乗るとItaloに乗り継げないため、足が速いイタリア国鉄のFrecciarossa号に乗り換える必要がありました。Italoとイタリア国鉄特急の両方に乗りたかったのでちょうど良かったとも言えます。

Verona Porta Nuova駅↓

発車案内表示器↓

2階建て一般列車。でかい↓

Frecciarossa号に乗ります。乗車時間は1時間20分でした。確か4クラスあって、上から2番目のクラスを予約していました。1-2配置のシートです。

座席は電動リクライニングシートで、背面が壁にくっついているので、座面が前に動くタイプです↓

車端部は1-1の配置↓

欧州らしいのんびりとした車窓でしたが、徐々に物凄い濃霧になっていって何も見えない状態が続いたので眠ってしまいました。

ミラノ中央駅に到着しました。

3月のまとめ

いつものように今月のまとめです。

・JL国内線2回

今月は2回だけ、そして3344FOPの獲得です。修行僧ならこの数字だけでどこへ行ったかわかるでしょうw

来月は2ヶ月ぶりの国際線です。GWと重なる期間で、どうにか特典航空券で取れました。他はやはりOKA1往復です。今年は毎月沖縄に行くつもりなので…。

欧州修行(2018/10) その7 NJに乗る 寝台編

今回は部屋の設備について書きます。CNL時代と変わらないので過去の投稿と被ります。

シャワー・トイレ付きの個室は3部屋しかありません。別にシャワールームがあるか調べるつもりでしたがすっかり忘れてしまいました。

ベッド↓寝相が悪いと落ちる可能性がありますw

入った時は座席の状態でした。検札時にベッドにするか聞かれたのでそうしてもらいました。気になったのでベッドを収納してみると…↓

今回は1人での利用でしたが、三段寝台なので3人まで利用可能です。583系よりは広いかと思いますw

二段目用のライトコントローラー↓

上に荷物を置けそうですが落ちてくる可能性があるのでやめたほうがいいでしょう↓

ドアの鍵。外に出る時は灰色のキーを持っていきます↓

ドア上にはスピーカーや室内温度のコントローラーがあります↓

ハンガー↓

テーブルは大きくて邪魔なので取り外しが可能です。補助椅子もあります。テーブルの後ろに見えるのは隣室とのドアで、コネクティングルームとしても利用可能です↓

トイレ↓

シャワー。温度調節可能。赤色のボタンお押すと20秒くらいお湯が出ます。時間制限は書いておらず不明↓

タオル↓

シャンプー兼ボディーソープ。これとは別にシャワールーム内にも備え付けられています↓

欧州修行(2018/10) その6 NJに乗る 飲み物・朝食編

Night Jet車内へ入ります。この車両自体がCNL時代に使われていたものか不明ですが、基本的にCNL時代と変わらない設備でした。

通路↓

欧州の夜行寝台列車は3回目です。今回もシャワー・トイレ付き個室寝台を予約しました。部屋に入るとこのようなセッティング↓

飲み物↓

CNL時代には無かった袋↓

袋の中身↓

朝食のオーダーシート。6品までは無料です↓

検札時に回収されますのでさっさと書いて起きましょう。降りる1時間前に持ってきてくれました。そしてよくわからない朝食になりましたwパンは硬めです↓

参考までに過去2回の朝食の写真を貼っておきます↓

欧州修行(2018/10) その5 ウィーン中央駅でNJを待つ

ウィーン中央駅に到着しました。比較的新しい駅で、地下と高架ホームがあります。

Rail Jetは機関車を入れて8両編成が基本で、2編成繋げて16両の場合もあります。似ているけど左が機関車、右は日本ていうクハ↓

クハ↓

列車案内画面があるので間違えないようによく確認しましょう↓

Night Jetが入線してきました↓

乗るのは418号車。ドアに号車と行き先が書かれた紙?が貼られています↓

後ろに貨車が連結されていたのが面白い↓

次回は車内へ。

欧州修行(2018/10) その4 Flughafen Wien→Wien Hbf

初VIEです。HELと同様にコンパクトで乗継時間が短い空港のようです。

まず空港内にスーパーを見つけたので水などを調達します。欧州のスーパーはチーズや肉製品が豊富で見るだけでも楽しめるかもしれません。

空港から中央駅まで鉄道で移動します。券売機でチケットを購入。4ユーロちょっとだったと思います。

空港駅のホーム↓

まずCAT(CITY AIRPORT TRAIN)がやってきました↓

高いのと中央駅には行かないので乗りません。それにしても欧州の鉄道はでかい!

少し待ってRJが入線してきました。車内はこんな感じ↓

乗車時間は15分程度でしたが、列車は5時間近く走る長距離列車でした。

RJは30分おきに発車し、その他にも一般列車があったと思います。

あっという間にウィーン中央駅に到着しました。

欧州修行(2018/10) その3 HND-LHR-PRG-VIE

HNDに到着後、次はJL41便に乗ります。1:55発なので3時間程度での乗り継ぎで余裕があります。ラウンジでシャワーを浴びて、名物のカレーを少し食べてまったりしていました。
この時のJL41便は12時間30分程度の所要時間でした。とにかく眠ってしまえばあっという間だろうと思っていたものの、時々目覚めてまた眠って~の繰り返しでやたら長く感じました。

SS8とSS9のY席では座席間のアームレストが上がらない席があります。恐らく後方で機体幅が狭くなるのが関係していると思われます。どの座席かはJL HPのシートマップページでご確認下さい。

LHRに到着しました。PRGは同じT3からの出発なので乗換はまだマシなほうです。しかし、やたら長く歩かされます。ゲートは出発間近にならないと決まらないようで、さっさとBAラウンジへ。広くて空いているけど普通かなぁといった印象でした。

ゲートが決まってPRG行きの搭乗口へ。機内持込可能な荷物を持っていたけど、ゲートで貨物室に預けるようにお願いされました。それだけ覚えていてどんなフライトだったか忘れましたw

PRGに到着後は入国審査を通過。パスポートの後ろのページにスタンプを押されます。預けた荷物はターンテーブルから追い出されて一ヶ所にまとめられていました。

PRGからはVIE行きに乗り換えます。OS(オーストリア航空)は初搭乗となります。最初はプラハ駅からRail Jetで行きたかったのですが、遅れた場合はNight Jetに乗り換えるのが怪しいので飛行機移動にしました。Rail Jetはウィーン空港から中央駅まで乗れるのでそれでいいかなと。

OSのチケットを買った時はE195だったのに、いつの間にかボンQに機材変更になっていました。そうなると持っていったスーツケースが入らない可能性がありました。OSのホームページを見ると、ボンQだからと言って持込制限サイズは変わらない感じでした。しかし、過去の経験からボンQだと入らないだろうと思い、機内で割高な料金を払うよりかは事前に料金を払って預けてしまったほうがいいだろうということで、4000円近く払ってしまいましたw

VIE行きのゲートに行くと、私と同じくらいのサイズの手荷物を持った人が多数いました。えっ、収納できるの?と思いましたが、まずゲートでタグを付けられます。そしてバスで移動して、降りたところにカゴがあって、そこに置くと貨物室に預けるという方法でした。そして着いたらカゴに積まれた荷物を受けとります。疑問に思った時にOSに聞けばよかったですね。失敗しましたw

フライトはどうだったかと言うと、短時間フライトでもずっと眠っていました。小さいペットボトルの水が置かれていました。

欧州修行(2018/10) その2 らーめん!

国際線に乗る前に国内線を消化する必要があります。HND-FUK-CTS-HNDの順です。

まずHND-FUK、残念ながら全く記憶がありませんw着いてからは定番の写真を撮っていたようです↓

そして乗換時間が2時間程度だったので空港内に留まって、とんこつらーめんを食べます↓

うーん、普通な感じのラーメンでした。

食後は少し休憩してから次便に乗る前にラウンジへ。新しくなってから初利用でしたが、どんなラウンジだったか忘れてしまいました…。

そしてCTS行に乗ります。FUK-CTSはHND-OKAには及ばないものの、そこそこ距離がある路線ですね。

隣の人が足を伸ばして眠っていて、こういう写真を撮るのもどうかと思ったのですが、あまりにも酷いので撮ってしまいました。あり得ない↓

CTSでは4時間程度の時間がありました。再度ラーメンを食べて空港探検をしていました。
今回はいつものところではなく、隣の店で食べてみました。らーめんにしてはちょっと高いと思いましたが、とても美味しいラーメンでした↓

最終1本前の便でHNDに戻ります。この便はB767でしたが、ドル箱幹線とは思えないほどガラガラでビックリしました。