FWDチャンピオンズデー

久しぶりに競馬ネタです。今年も春の香港国際競走が行われます。

・公式ページ
https://campaigns.hkjc.com/champions-day/en/

今年からスポンサーが変わりましたが、もちろんレースそのものは変わっていません。去年と同じ3つのレースを「FWDチャンピオンズデー」として同日に行います。
どうせなら約1ヶ月後にある2400mのレースもこの開催に組み込めばいいのにと思ってしまいます。

既に選出馬が発表されています。日本から2000mのQEII Cupにはディアドラ、リスグラシュー、ウインブライト、1200mのChairman’s Sprint Prizeにはナックビーナスが出走します。

■QEII Cup
2400mが無いので去年の香港ヴァーズの1,2着馬と香港カップの1~3着馬が参戦する面白くなりそうなレースですね。そして中山記念を連覇してディアドラに勝っているウインブライトも参戦します。
日本馬としては、タイムワープ&グロリアスフォーエバー兄弟の流れに持っていかれると厄介なので要注意だと思います。

■Champions Mile
たったの7頭かつ香港調教馬のみのレースになりました。怪物ビューティージェネレーションが出ているのでそうなってしまうのでしょう。数年前もエイブルフレンドが出て6頭立てだったことがありましたね。
超高確率でビューティージェネレーションが勝つと思いますので、馬単(香港は馬連)が実質単勝みたいなものです。そして勝ったら安田記念に参戦濃厚のようですね。

■Chairman’s Sprint Prize
レーティング124と少し抜けていて豪州のGⅠを5勝しているサンタアナレーンが参戦します。しかしここは香港ですから、長期間馬券内に入って安定しているミスタースタニングとビートザクロックの2頭が有力と見ています。ナックビーナスはちょっと厳しいかもしれません…。

今後は25日に枠番抽選が行われ、28日が本番となります。今年も楽しみですね。

HKIR2018終了

9日にHKIRが行われました。予想をアップロードするつもりが、現地に着いてからパソコンをいじる気になれませんでした…。

★香港ヴァーズ

馬券はパキスタンスターとリスグラシューの単を買いました。パキスタンスターは3戦連続でレースをやめていますが、ジョッキーがQEⅡを勝ったビュイック騎手に戻ったので復活を期待しました。

レースは上記映像を見ての通り、クロコスミアが逃げ、直線ではリスグラシューが勝った!と思いましたが、地元香港のEXULTANTに差し替えされてしまいました。リスグラシューはGⅠで2着が多く、そういう馬なのでしょうw

★香港スプリント

ここは堅いかなと思って3連単を勝ってしまいましたw HOT KING PRAWN、MR STUNNING、BEAT THE CLOCKの組み合わせです。しかし
HOT KING PRAWNが斤量のせいか、競られたせいか、直線で力尽きてしまいました。勝ったのはMR STUNNINGで連覇となりました。

★香港マイル

頭はここが一番堅いと思いましたので、BEAUTY GENERATIONから日本馬の馬連を買いました。香港は馬単がありませんので馬連になります。レースはBEAUTY GENERATIONの逃げから突き抜けて圧勝、2着にはヴィブロスが入ってくれましたので的中となりました。現地ではヴィブロスの人気が無かったので38.4倍もつきました。

★香港カップ

ここまで香港馬が3連勝、最後は日本馬が勝ってくれるだろうと期待してディアドラの単で勝負しました。メインレースにしては9頭とさびしい感じで、GLORIOUS FOREVERとTIME WARPの兄弟にまんまとやられてしまいましたね。ディアドラは直線で追い込むも2着まで。

今回はなんと牝馬が2着3回という結果になりました。非常に惜しかったのはリスグラシューですね。ヴィブロスはこれで引退?のようですが海外では好成績でした。ディアドラはまた海外を目指すようで良い結果が出そうな気がします。

一方、牡馬についてはちょっと厳しい結果となりました。香港馬もかなり強くなっていますが、来年もチャレンジしてほしいと思います。

香港国際競走(HKIR) 選出馬が出ました

12/9(日)に行われる香港国際競走の選出馬が21日に発表されました。

下記の面子ですが、今後変更される可能性もあります。

★Hong Kong Vase(14頭)
WALDGEIST (GB)
PAKISTAN STAR (GER)
CAPRI (IRE)
SALOUEN (IRE)
EXULTANT (IRE)
MIRAGE DANCER (GB)
EAGLE WAY (AUS)
RED VERDON (USA)
PRINCE OF ARRAN (GB)
RUTHVEN (AUS)
LYS GRACIEUX (JPN)
CROCOSMIA (JPN)
LATROBE (IRE)
ROSTROPOVICH (IRE)

★Hong Kong Sprint(12頭)
IVICTORY (AUS)
MR STUNNING (AUS)
D B PIN (NZ)
BEAT THE CLOCK (AUS)
HOT KING PRAWN (AUS)
FINE NEEDLE (JPN)
SIR DANCEALOT (IRE)
WINNER’S WAY (AUS)
PINGWU SPARK (NZ)
LIM’S CRUISER (AUS)
BORN IN CHINA (GB)
LITTLE GIANT (NZ)

★Hong Kong Mile(13頭)
BEAUTY GENERATION (NZ)
PERSIAN KNIGHT (JPN)
COMIN’ THROUGH (AUS)
MOZU ASCOT (USA)
BEAUTY ONLY (IRE)
BEAT THE BANK (GB)
FIFTY FIFTY (NZ)
SINGAPORE SLING (SAF)
SOUTHERN LEGEND (AUS)
INNS OF COURT (IRE)
NOTHINGILIKEMORE (AUS)
ONE MASTER (GB)
VIVLOS (JPN)

★Hong Kong Cup(11頭)
SUNGRAZER (JPN)
TIME WARP (GB)
WERTHER (NZ)
NORTHERN SUPERSTAR (SAF)
SEASONS BLOOM (AUS)
GOLD MOUNT (GB)
STORMY ANTARCTIC (GB)
STAPHANOS (JPN)
GLORIOUS FOREVER (GB)
DEIRDRE (JPN)
EZIYRA (IRE)

フルゲートは14頭なので、ヴァーズ以外は割れていることになります。

やはりスプリントとマイルは日本馬が勝つのは難しいでしょうね。地元香港が強すぎます。最近だとロードカナロアやモーリスが勝っていますので、日本馬も勝てるじゃんって思うかもしれませんが、この2頭は特別で強すぎたのです。

そうなると望みがあるのはカップとヴァーズですが、どちらかと言うとカップのほうが勝てそうかなとか思っています。それにしてもステファノスはなんと5回目の香港参戦です。過去4回の成績は2,10,3,4着なので、香港では好走していますね。

今後の流れとしては、12/6の昼くらいから枠番抽選があります。ネットでも中継されますので、興味のある方は見てみてください。1時間くらいです。そして9日の本番となります。

香港国際競走前哨戦の結果

香港国際競走の前哨戦であるジョッキークラブマイル、カップ、スプリントが18日に行われましたので、その感想を書こうと思います。

まずはJOCKEY CLUB MILEから。香港の年度代表馬BEAUTY GENERATIONが勝つ可能性が高いと書きましたが、その勝ち方に思わず笑ってしまいました。

映像はこちら↓

スタートは勢いよく出ましたが、他馬が抵抗してハナに立てず、100mくらい走ったところでズルズルと下がって後ろから3番目になってしまいました。故障かな?と思ったら、残り1000mのところで再加速、一気に先頭に並びます。4コーナーから直線に入ると突き放すわけですが、観客席寄りに斜行しながら走っていました。それでも余裕のゴールで圧勝です。

見てる側としては面白いレースでしたが、いつもと違う勝ち方だし、本番に向けて消耗していないか心配です。今までは強い逃げ馬という認識でしたが、相当強い馬だなと評価が変わりました。

 

次はJOCKEY CLUB CUPです。映像はこちら↓

このレースはPAKISTAN STARばかり見ていました。スタートも普通に出て、前から3番目と良い位置で進みます。今日はやる気がありそうだなと思って見ていると、ホームの直線に入って走るのをやめてしまいました。9頭中8番目で入線。

向こう正面ではTIME WARPが逃げていましたが、こちらもホームの直線で垂れて最下位入線となりました。

この2頭は他馬よりも2kg以上重いハンデがあったわけですが、それにしても負けすぎで全く参考になりませんね。もちろん馬にも気分があるわけで、本番ではちゃんと走るかもしれないし、買うほうからしたら非常に厄介です。

 

最後はJOCKEY CLUB SPRINTです。映像はこちら↓

有力馬多数のなかで、一番人気に選ばれたのがHOT KING PRAWNです。外枠から好スタートでハナに立ちます。そして2、3番手にMR STUNNINGやIVICTORYがつけて有力どころが前の競馬になりました。HOT KING PRAWNが先頭のままホーム直線に入り突き放してゴールしました。これまた強い馬が出てきました。香港はスプリントの層が厚いと実感しました。一方、IVICTORYは2番手だったけど残り150mあたりから失速して7着に終わりました。

今日のレースを見て、来月の本番ではマイルとスプリントは香港馬に勝つのは非常に難しいと思いました。

HKIRの前哨戦

本日、日本ではマイルチャンピオンシップが行われますが、香港では香港国際競走の前哨戦が行われます。

本番まで中2週となるのでやや間隔が短い気もしますが、毎年変わらず行われています。

前哨戦と言っても1200m、1600m、2000mの3つだけで、2400mに関しては行われません。まぁ、ヴァーズは殆どが外国馬が勝つし、前哨戦は不要って感じなのかもしれません。そもそも香港では2400mのレースが少ないですね。

本番に向けて重要なレースですが、有力馬がここで大敗しても気にすることはありません。本番ではきっちり勝つということが多々あります。つまり参考になりませんw

それでは各レースをちょこっと触れてみましょう。

・6R JOCKEY CLUB MILE
ここは香港の年度代表馬BEAUTY GENERATIONが得意の逃げて突き放す競馬で勝つ可能性が高いでしょう。斤量差があったとしても・・・

・7R JOCKEY CLUB CUP
ここは難しいです。能力的にはPAKISTAN STARが上位ですが、前回走るのをやめてしまったように気性がちょっとアレです。TIME WARPも成績にムラがあって厄介です。宝塚記念で2着好走したWERTHERにチャンスがあるかも。

・8R JOCKEY CLUB SPRINT
これが一番面白いかもしれません。4月のGⅠで勝ったIVICTORY、王者MR STUNNING、香港に来て9戦8勝のHOT KING PRAWN、3着を外していないBEAT THE CLOCKなど、好メンバーが揃っています。やはりスプリントは香港馬の層が厚いですね。

HKIR2018 専用HPができてます

毎年恒例の香港国際競走までもう少しとなりました。

例によって公式HPが公開されています。というか先月下旬には出ていました。

https://campaigns.hkjc.com/hkir/en/?b_cid=CSLDSPA_HPNAG_1819HKIR

まだ情報が少ないですが、これからどんどん増えていくことでしょう。

日本からも多数のエントリーがあり、既に招待を受諾しているところもありますね。個人的に注目している馬は出走馬が決まり次第、後日にまとめて書く予定です。

チャンピオンズデー 反省会

4/29に行われた香港チャンピオンズデーの結果と感想を。

★チャンピオンズマイル

BEAUTY GENERATIONが単勝1.95倍で圧倒的一番人気となりました。そのBEAUTY GENERATIONはスタートは良くも悪くもない感じで、それでもグイグイと押して大体300mを走った地点で先頭に立ちます。あとはこの馬のペースで運び、直線に入ったところで突き放して他を寄せ付けない見た感じでは圧勝だと思いました。2着にはWESTERN EXPRESSが入り、香港マイルと同じワンツーフィニッシュとなりました。WESTERN EXPRESSは7番人気で意外にも人気がなかったですね。

ちなみにBEAUTY GENERATIONの次走は地元香港で距離延長かシンガポールのレースを考えているようですね。安田記念で見たかったけど登録はしていませんでした。

★チェアマンズスプリントプライズ

一番人気はBEAT THE CLOCK、二番人気はIVICTORY、三番人気がMR STUNNINGとなりました。レースはPENIAPHOBIAが逃げようとしますが、BLUE POINTが上がってきて併走、後ろにIVICTORY、MR STUNNING、FINE NEEDLEの順で進みます。直線に入って残り300mのところでIVICTORYが抜け出します。そして後ろからMR STUNNINGとBEAT THE CLOCKが迫りますがそのまま振り切ってゴール。FINE NEEDLEはIVICTORYが抜け出したところでだいぶ離されたように見えましたが、どうにかがんばって4着入線でした。やはり香港の1200mで勝つのは難しいです。

IVICTORYはこれで5連勝、一気にGⅠ馬となりました。なんだかしばらくの間はこの馬がこの距離を支配しそうな気がします。

★QEⅡカップ

TIME WARPが一番人気、PING HAI STARが差がほとんどない二番人気でこの二頭が抜けていました。TIME WARPは外枠でしたが逃げようとしたところ、内からDANBURITEに抵抗されます。それでも2コーナーではハナに立って自分のペースに持ち込もうとします。ところがずっとDANBURITEにつつかれるような感じになって気分良く逃げられなかったように見えました。意外だったのはPAKISTAN STARがスタートが良くて3番手での競馬だったことです。そして残り300m手前で逃げていたTIME WARPとDANBURITEを一気に抜き去り3馬身差をつけての圧勝でした。後ろのほうにいたGOLD MOUNTが2着、同様にEAGLE WAYが3着となり、なんとTIME WARPは殿負けとなる波乱の決着となりました。日本から参戦したAL AINは5着、DANBURITEは7着と厳しい結果となりました。

PAKISTAN STARは気性難ではありますが能力は相当ありそうですね。今回みたいな競馬ができるなら年末も取ってしまいそうです。

 

さて、馬券のほうは…当たったのはPAKISTAN STARの単勝だけでしたwトータルではマイナスになってしまいましたが、注目していたPAKISTAN STARが勝ったのでよしとしましょう。

それにしてもやはりオッズを見てしまうと安いなぁとか思って違う馬を買ってしまうので、もう見ないでこれと決めたら着いたらすぐに買ってしまったほうがいいと思いました。

チャンピオンズデー 当たらない予想

香港チャンピオンズデー当日となりました。当たらない予想を書いていきます。

★チャンピオンズマイル

これは混戦です。どの馬もそれなりの実績があります。1年以内の主なレースの実績を書いてみましょう。

BEAUTY GENERATION: Hong Kong Mile 1着, Queen’s Silver Jubilee Cup 1着
SEASONS BLOOM: Stewards’ Cup 1着, Hong Kong Mile 4着
BEAUTY ONLY: Chairman’s Trophy(G2) 1着, Champions Mile 2着
WESTERN EXPRESS: Chairman’s Trophy(G2) 2着, Hong Kong Mile 2着
BLIZZARD: Hong Kong Sprint 3着
SOUTHERN LEGEND: Stewards’ Cup 4着
PINGWU SPARK: Chairman’s Trophy(G2) 3着
SINGAPORE SLING: Hong Kong Classic Mile 2着, Hong Kong Classic Cup 1着, Hong Kong Derby 2着

G1の中でも香港マイルとチャンピオンズマイルを格上とするならば、香港マイル勝ち馬であるBEAUTYの2頭が上位でしょう。その次にSEASONS BLOOM、安定感のあるWESTERN EXPRESS、要注意なのはSINGAPORE SLINGですね。この5頭で決まると見ています。BLIZZARDはマイルなので走ってみないとわからないとしか言えません…。

SELECTIONS: BEAUTY GENERATION, BEAUTY ONLY, SEASONS BLOOM, WESTERN EXPRESS, SINGAPORE SLING

 

★チェアマンズスプリントプライズ

同様に1年以内の主なレースの実績を書いてみましょう。

MR STUNNING: Hong Kong Sprint 1着, JOCKEY CLUB SPRINT(G2) 1着, PREMIER BOWL(G2) 1着, Sprint Cup(G2) 2着, Centenary Sprint Cup 2着
BEAT THE CLOCK: Centenary Sprint Cup 1着, Queen’s Silver Jubilee Cup 2着, Sprint Cup(G2) 1着,
LUCKY BUBBLES: Hong Kong Sprint 4着, Chairman’s Sprint Prize 1着
THEWIZARDOFOZ: Chairman’s Sprint Prize 4着, PREMIER CUP(G3) 1着
AMAZING KIDS: Hong Kong Sprint 5着
BLUE POINT: Sprint Cup Stakes 4着, Bengough Stakes(G3) 1着, Meydan Sprint(G2) 2着
FINE NEEDLE: 高松宮記念 1着, シルクロードS 1着, セントウルS 1着
PENIAPHOBIA: Sprint Cup(G2) 4着
IVICTORY: 特になし

現在の香港短距離で王者と言えるのがMR STUNNINGです。最近は取りこぼしもありますが、それでも2着は確保しています。ロードカナロアでさえセントウルステークスを取りこぼしていますから、短距離で1着を続けることは難しいのでこれについては問題ないでしょう。ただし、ずっと乗っているローウィラー騎手が長期間騎乗停止になってしまったので乗りかわりになるのが非常に気になります。
BEAT THE CLOCKの成績は安定しています。普通に勝ちまであると思います。
LUCKY BUBBLESは最近の成績はよくないですが、去年の勝ち馬、一昨年の2着馬でこのレースに強いという意味では外せないかもしれません。
FINE NEEDLEは1200mの実績は充分、後は沙田でうまく走れるかどうかでしょう。
最後にIVICTORY。実績はありませんが、香港で7戦6勝と勢いがあってこういう馬が怖いですね。

SELECTIONS: MR STUNNING, BEAT THE CLOCK, FINE NEEDLE, IVICTORY

★QEⅡカップ

TIME WARP: Hong Kong Cup 1着, Hong Kong Gold Cup 1着, JOCKEY CLUB CUP(G2) 2着, SA SA LADIES’ PURSE(G3) 2着,
AL AIN: 大阪杯 3着, 東京優駿 5着, 京都記念(G2) 2着, セントライト記念 2着
PAKISTAN STAR: QEII Cup 2着, Hong Kong Gold Cup 4着, Chairman’s Trophy 4着
DANBURITE: AJCC(G2) 1着, 菊花賞 5着, 神戸新聞杯(G2) 4着
PING HAI STAR: Hong Kong Derby 1着
EAGLE WAY: JANUARY CUP(G3) 1着, STANDARD CHARTERED CHAMPIONS & CHATER CUP 3着
GOLD MOUNT: Hong Kong Vase 5着, Hong Kong Gold Cup 5着
DINOZZO: 特になし

恐らく1番人気はTIME WARPでしょう。香港カップの勝ち馬で2000mは強い。ゴールドカップではレコード勝ちしています。

次に人気になりそうなのはPING HAI STARでしょうか。こちらは香港ダービー馬です。

個人的に好きなのはPAKISTAN STARですね。去年の2着馬ですが、気性に難ありで能力はあるもののうまくいきません。

上記3頭と日本馬2頭の5頭で決まると見ています。TIME WARPの逃げをどう攻略するかがポイントですね。すんなり逃がしてしまうとあっさり勝たれてしまうと思います。直線が長い沙田とはいえ、追い込み馬はちょっと厳しいかもしれません。

SELECTIONS: TIME WARP, PAKISTAN STAR, PING HAI STAR, AL AIN, DANBURITE

香港チャンピオンズデー 枠順確定

日本時間で言うと昨日の正午から枠番抽選会が行われ、特設ページからライブ配信していますので見ることができました。

なお、下記ページにてレース本番も見られます。特に日本の某番組だとチャンピオンズマイルが録画配信なので、SNS等で結果が出てしまってつまらないという事も想定されますので、このページで見ると良いと思います。

campaigns.hkjc.com/qeii-cup/en/live-cast

なお出走予定時間は…

チャンピオンズマイル 15:20(日本時間16:20)
チェアマンズスプリントプライズ 16:00(日本時間17:00)
QEⅡカップ 16:40(日本時間17:40)

となっています。チャンピオンズマイルが最初なのは意外でした。

そして気になる枠番ですが…

★チャンピオンズマイル

BEAUTY GENERATIONが1枠を引きました。BEAUTY ONLYは3枠、マイル挑戦のBLIZZARDは2番です。

★チェアマンズスプリントプライズ

MR STUNNINGは3枠でした。日本のファインニードルは4枠を引きました。

★QEⅡカップ

まず香港勢から。TIME WARPは7、PAKISTAN STARは1、PING HAI STARは3枠でした。日本のアルアインは6枠、ダンビュライトは5枠となりました。逃げ馬が外で後ろからの馬が内という結果になりましたが、8頭しかいませんからあまり影響はないでしょう。

3Rともに少数頭のレースとなってしまいました。どうも波乱というのは無さそうな気がします。当たらない予想は明後日に載せる予定です。