2020-09 北海道1-19 長万部→室蘭→新千歳空港→帰る

ニセコ号は函館行でしたが、長万部駅で札幌行北斗号に乗り換えます。キハ281のトップナンバーがきました↓

そんなに古い車両という感覚はないけど製造後30年近く経っていますね。窓枠がテープで固定されていたり、ところどころ痛々しい姿が見受けられます。

車窓↓

東室蘭駅に到着↓

室蘭駅まではキハ150の普通列車に乗車します。混んでいて立っていましたが12分で着きます。

室蘭駅↓

案内図↓

そんなに時間があるわけではないので、駅近くのスーパーで買い物をして戻ってきました。

時刻表↓

発車時刻案内↓

残念ながら789系でした↓

汚いw↓

車止めまでは距離があります↓

駅名標↓

ホーム↓

室蘭本線の室蘭~東室蘭~沼ノ端は電化されています。しかし室蘭~苫小牧間の電車は特急すずらん号しかありません。以前は普通列車も電車が充当されていましたが、最短の両数が長く、単行で十分と判断されたせいか気動車列車になってしまいました。そういえば交流車両で1両で運転できる形式って無いですよね。

指定席を取っていたのでuシート↓

南千歳で降りて快速エアポート号に乗り換え新千歳空港駅へ。

ラーメンを食べて帰りました↓

これで北海道編は終了です。長々とご覧いただきありがとうございました。

2020-09 北海道1-3 札幌→苫小牧→岩見沢

7:30発のすずらん号からフリーきっぷ利用開始です。その前に大きな荷物を明日から泊まるホテルに預けてもらうつもりが、ちょっと寝坊してしまいホテルに行く余裕が無くなってしまったので仕方なくコインロッカーに預けました。

ホームに行くとすずらん号が785系だったので改札外に戻って指定席を確保しました。785系のuシートに乗りたかったのです。

uシート↓

785系は500番台の2編成だけになり、すずらん号でしか乗るチャンスがありません。しかも789系と共通運用なので運ですね。

約50分程度の乗車でしたが、とりあえず785系に乗れたので良かったです。

苫小牧からは室蘭本線で岩見沢まで行きます。キハ150単行で非冷房仕様車でした。

こちらはすぐ横にいたキハ40↓

東室蘭方面からの普通列車が遅れていたけど、接続する札幌行普通列車は接続をとらずに定刻で出発していきました。次の普通列車は1時間以上あとなので、乗れなかった客は北斗号に乗車できると放送がありました。待っている人は1人だけでした。過密な千歳線を乱さないようにする判断だったのでしょう。

キハ150車内↓

特等席?↓

換気のため窓が開いているのでカーテンを閉められない仕様↓

乗車列車は定刻に出発し、岩見沢まで約1時間半でした。室蘭本線の苫小牧~岩見沢は本数が少ない区間だけど複線区間が長いように感じました。昔の名残でしょうか。