2020-09 四国1-2 6000+7000に乗る

特急剣山で久々に徳島線に乗り阿波池田駅に到着↓

アンパンマン2700系に乗ります。天井↓

フリーきっぷの北限である児島↓

マリンライナーで高松へ↓

駅構内にある連絡船うどんで食事をする予定が営業していなくて、近くのうどん屋も閉まっている状況。
商業施設の中に店があったので肉ぶっかけうどんを食べる↓

うーん、連絡船うどんの肉うどんのほうが美味いw

食事後は松山へ移動します。特急が数分前に出てしまったので快速サンポート号で先に進みます。
6000系↓

快速列車は伊予西条行で観音寺駅で特急に抜かれるので乗り換え。この快速列車、実は6000系の前に7000系が連結されていて1M3Tなのです。恐らく日本で一番電動車比率が低い列車でしょう。

6000+7000↓

6000系は瀬戸大橋線運用から外れて朝と夜しか動いていないので乗りにくい電車となってしまいました。

特急しおかぜ・いしづち号で松山駅に到着しました。

2019-2020 18きっぷ旅行 その12 6000系に乗るために四国へ

岡山に到着後はマリンライナーで四国へ向かいます。211顔の6000系に乗るためです。

マリンライナー乗り場へ向かうと長い行列だったので座れないかと思いましたが、どうにか補助席に着席できました。補助席なので座り心地が悪いですw結果的には妹尾や早島など短区間利用者が多かったので岡山で座れなくてもすぐ座れるようでした。

もう真っ暗なので景色を楽しむこともできず、ぼーっとして高松に到着しました。

6000系は岡山直通列車が無くなって車庫で昼寝して夜に出てきます。高松から伊予西条行きと琴平行きがあって、うどんを食べようと思ったので発車が後の琴平行きに乗ることにしました。

伊予西条行き↓

うどんばかり食べてる↓

8600と2600のトップバッターの並び↓

ちなみに右側の2600は「しまんと」号で、2700が搭乗した経緯からすると土讃線特急には入らないはずですが、この日は多客期で多度津まで?の運転なので充当されたのでしょう。一部の時期しか見られないのでレアと言えるかもしれません。

マリンライナー↓

新幹線なら既に予土線にいるじゃないですか(違)↓

琴平行きに乗ります。坂出までの短区間乗車です↓

それにしても6000系もかなりの年数が経っているわけで、そのせいか加速時の衝撃がすごい感じがします。乗り心地なら121系改造の7200のほうが良いでしょうね。GTO-VVVFは貴重ですが、そろそろリニューアルが必要かもしれません。

坂出からは後発のマリンライナーに乗り換えて再度岡山に到着しました。

6000系に乗ったので残り3つ↓

  1. JR東日本 719系0番台
  2. JR東日本 719系5000番台
  3. JR東日本 211系0~3000番台
  4. JR東海 211系0番台
  5. JR東海 211系5000~6000番台
  6. JR東海 213系5000番台
  7. JR西日本 213系0番台
  8. JR四国 6000系
  9. JR九州 415系1500番台