JL A350-900の座席についての感想

6/20にA350の座席について発表がありました。それについての感想を書いてみます。

全体的には思いきって変えてきたなぁと思いました。例えばF席は白から黒っぽいデザインになりました。座席そのものも今までとだいぶ違います。各クラスとも国内線仕様としては豪華な仕様で乗ってみたいと思わせる座席ですね。近距離国際線としてC/PY/Yの3クラスとして使っても良さそうなくらいです。

・ファーストクラス
黒ベースで印象が変わりました。シェル型になってリクライニングは電動になりました。B7/B6のシートでは電動にすると機器を設置する必要があり、前の座席の下に荷物を入れられなくなるという理由で導入を見送ったという記事をどこかで見たような気がします。新シートでは背面を見ると荷物を置けるか微妙なスペースではあります。
次にシートサイズをB7と比較してみましょう。シートピッチはB7が130cm、A350が134cmなのでA350が微妙に広いことになります。まぁ気づかないレベルでしょう。シート幅はB7が53cm、A350が51cmです。これはA350のほうが胴体幅が狭いからでしょう。なおB7は中央の肘掛け幅が33cmと公表されていますが、A350はされていません。なので写真を見ての感想ですが、A350のほうが明らかに狭いですね。これもやはり胴体幅が狭いことによるものでしょうね。
テーブルは中央の肘掛け部分から取り出すように見えます。よって隣席の人がこの部分に珈琲を置いている場合は干渉してしまうようにも見えますが、うーんどうでしょう。
最後に隣席との仕切りである可動式ディバイダーについて。引き出した時はやや中途半端な気がしますがどうでしょうか。そしてデフォルトが閉まった状態なのかどうかも気になります。

・クラスJ
第一印象は他社の国際線PYに似た感じだなぁと思いました。シートサイズを見てみると、シートピッチは現在のものより1-3cm狭い仕様です。シート幅は変わらず、ただし中央の肘掛け幅が狭そうに見えます。
個人的に残念なのはテーブルが中央の肘掛け内収納になったことですね。外側肘掛け下にある収納スペースと反対にしてディバイダーを付ければ完璧だったと思います。

・普通席
B7は3-4-3でA350は3-3-3なので横幅に関してはA350では改善されたことになります。シートピッチに関しては現在のものと同じようです。
他のクラスと同様に個人画面、USBポートが付いて便利になります。個人画面とコンセントとの間にスマートフォン等を置けそうなスペースがあるように見えますが、書籍専用と書かれた写真がありましたので、安全のしおりや機内誌等がそこに入るのでしょう。

9/1からHND-FUKに投入されます。ちょうど9月に同区間に乗る機会がありましたので、朝早いけど早朝便を予約しました。普通席での予約なのでアップグレードできればクラスJにしたいです。Fは無理でしょうw

JLの航空券を買ってNHマイルを貯める

今年は毎月沖縄に行くことにしたので国際線の国内線部分だけでは足りず、国内線航空券も購入しています。

ご存知の方も多いと思いますが、楽天トラベル経由で購入すると楽天スーパーポイントが購入金額の1%貯まります。Rebates経由でも1%で同じです。

ポイントは搭乗日の翌月末に積算されます。今回は4月に乗ったので5/28に付いていました。

楽天スーパーポイントは半分になるけどNHマイルに交換できます。よってJLのチケットを買ってNHマイルを貯めることができます。

9/10予約分より予約開始日が変更

・国内線運賃のルール変更について
https://www.jal.co.jp/info/dom/330-change/

最近、上記のような変更のお知らせがありました。一部を除いて搭乗日の330日前から予約・購入ができるようになります。

このルール変更により先得系運賃の一斉発売は次回で終了となります。(先得運賃が無くなるわけではない)

330日前というかなり前から購入できるようになりますが、先に同様のルールになったNHを見ていると、かなり前だからと言って安いわけではなさそうです。例えばNHサイトで来年のHND-OKAの割引運賃を見ると27000円くらいで売っています。これはちょっと高めです。どこかのタイミングで安くなるのでしょう。

普通運賃に関しては改善でしょうね。何故かと言うと、JL日本サイトからだと2ヶ月前から発売なのに、海外のOTAなどで国際線のチケット(国内線部分を単独で購入可)として購入すれば通常の国際線と同じ発売日に買えてしまうので、おかしい状態が続いていました。それでも360日と330日ではまだ差がありますが…。

今回の変更で一番気になるのが特典航空券の扱いです。現在は一般予約開始日が2ヶ月前で、JML/JGPの先行予約サービスが2ヶ月+14日前(普通席のみ)となっています。この先行予約サービスは超繁忙期でも余裕で取れてしまうというものすごくありがたいサービスです。
しかし、今回のルール変更で国内線特典航空券も330日前から予約開始になります。そして先行サービスは334日前から予約開始ということで、4日間だけのアドバンテージになってしまいます。今後はだいぶ先のことを考える必要がありそうです。

ところで国内線特典航空券は以前にルール変更があって、予約日の翌日から数えて1年有効になりました。今回のルール変更で、330日前に購入→搭乗日が近づいて都合が悪くなって乗れない→有効期限が残り約1ヶ月しかなくて変更しようがない→手数料を払ってキャンセル、というパターンが増えそうですねw

JLとKAがようやくコードシェア開始

・JAL、キャセイドラゴン航空とコードシェア開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201905/005177.html

なんでやらないんだろうとずっと思っていました。KAは日本路線としてHND、FUK、OKAに定期便があり、最近では期間限定でTKSにも飛ばしていましたね。

JLのチケットでKA運航便を買えるようになるのがメリットですね。HNDに就航していますから、特にHKG発の夜行便は便利だと思います。0時過ぎの出発だったら更に良いですが・・・。

FUKは以前はCXだったのがKAになってしまったので、JLの割引チケットで買えないという状態が続きましたが、再度購入できることになります。

OKAについては検索しても普通運賃しか出てこないのでなんとも言えない状態です。HND-OKA-HKGとかできたらいいなぁと思ったけど出てきませんw

今回のコードシェアで何か面白いことないかな~と調べているけど、今のところ何もありません…。

帰る HKG-HND JL

最終日、海沿いが公園になっているので寄ってから空港へ。

バスで90分はしんどいので若干面倒でもMTRで空港へ向かいました。機場快線は高いけど楽ですね。

帰国便はJLです。CXが取れませんでした。そしてCも取れず、YとPYが同数のマイル数だったのでもちろんPYを確保しました。HKGからJL運航便で帰るのは6年半ぶりでした。

JL便ということでJL指定のQFラウンジに初めて入ってみました。思ったよりも広いラウンジでした。JL指定ラウンジとあって、日本人向けの料理もありましたね。

さて搭乗します。GW前半の帰国便なのでガラガラです。PYエリアは半分以下って感じでした。インチキリクライニングなのでJLのPYは好きではないけど、初代の薄っぺらい席よりははるかにマシですね。

文字化けw↓

エコめし。安定の蕎麦。肉は軟らかかったです↓

これで香港チャンピオンズデー観戦旅行が終了しました。次回の国際線は7月の予定です。

Kaohsiungへ

香港チャンピオンズデーの結果については先に書いたので、残りのフライトやホテルの事を書いていきます。

今回はKHH行きの便でしたのでNRTへ向かいます。京成上野駅から電車に乗ろうとしたらスカイライナーが満席近くで危なかった。

そのスカイライナーは半分以上が日暮里からの利用で、乗車に時間がかかって3分くらい遅れて出発しました。上りの空港第2ビル駅でも同様で遅延が発生しますね。

遅れは取り戻せずにNRTに到着。地下フロアからのエレベーターがアホみたいに行列ができているのでエスカレーターを使ったら遅いし長いし苦痛ですねw

そしてGW間近とあってカウンターがかなり混み合っていました。Fカウンターですら行列が・・・。私は預ける荷物は無いので空いている自動チェックイン機で搭乗券を発券しました。ペラペラの紙なのが残念ですねぇ。

手荷物検査場を抜けて出国・・・の前に、パスポートを更新したので自動化ゲートの再登録をします。前にも書いた気がしますが、顔認証ゲートのほうが処理自体は早いですが、その行列ができている事が多々あるので、念のために再登録しておきました。

そしてラウンジへ。サテライト発ですが、本館4Fがリニューアルしたということで行ってみます。ところが激混みで快適ではないので速攻で出てしまいました。らーめんを食べられずwサテライトに移動したら、こちらのラウンジは空いていて快適に過ごせました。

KHH行きに乗り込みます。機材はSS6です。MAGICも無いようなボロ機材が長い間続いた路線ですがマシになりました。

着席するとCAが話しかけてきました。私はCAに話しかけて雑談することはしませんが、向こうから何か言われたら答えています。たまに深く突っ込んでくるCAが居て今回はそのタイプでした。それはそれでいいとは思いますが、話した内容が別なCAと共有されていて、別なCAからもその内容について話しかけられたので何だか気持ち悪いと思ってしまいましたw感じかたは人それぞれですけどね。

今回のお食事↓

メインはハンバーグステーキです。安定の味って感じです。スープがちょっと汚いのは揺れていたからです。なので量も少なめ。全体的には美味しくいただきましたが、パンが硬すぎるw

食後のアイスとコーヒー↓

残りの時間は音楽を聞いて過ごしていました。しかしヘッドホンが国内線クラスJのようなしょぼいもので、エンジン音が大きくて聞こえにくかった・・・。

台湾上空を通過してKHHに到着しました。個人的にマップはこのメーカーのほうが好きかなぁ。

JL 国際線はY席を増やす方針?

JL国際線ではPYを無くしたり、C/PYを削ってYを増やしたコンフィグが増えていますね。わざわざ改修してまでYを増やすということはそのほうが儲かるのでしょう。

https://www.jal.co.jp/inter/service/rosen/skypremium.html
↑はPY設定便のリストです。特にSS8が減っているのがわかります。DME(モスクワ)はSS8でしたが、長距離路線でもPYを無くしてしまうようです。

機材毎にどのような変化があったか書いてみます。

・B777-300ER
この機材は今後もそのままでしょう。

・B777-200ER
SS2改修時にはW61/62というコンフィグでしたが、BコンのCとPYを取り除いてYにしたW63/64というコンフィグが出現しました。おまけにYの列を増やしているためシートピッチが狭くなり、SKY WIDERを名乗れなくなりましたwでも1列10席にするよりかマシだと思います。
W63/64になった機材は現在はGMPやBKK線に入っているようです。SIN線にはW61/62が3往復入っていますが、これも変更してしまうのか注目ですね。個人的にはそのままだと予想します。

・B787-8
まずSS機材ではありませんが、シェルフラット機材のE01がBコンの一部Cを取り除いてYを増やしたE03というコンフィグになりました。
SS機材としてE11が登場しました。しかしY席が88席しかありません。そしてBコンのCの一部とPYを取り除いてYを増やしたE12というコンフィグが増えました。こちらのY席はW63/64とは違ってSKY WIDERのままとなっています。

・B787-9
最初に登場したE71には今のところ変化がありません。シーラス?になったE91と、E91からBコンのCを取り除き、PYを減らしたE92というコンフィグがあります。

今後はKUL発券でEクラスを買おうとして思っていますが、KUL線はB787-9なので、とりあえずPY自体は消えなさそうで良かったです。

JMB特典航空券改悪?

・JAL特典航空券のサービスを一部変更します
http://press.jal.co.jp/ja/release/201807/004794.html

12日に発表され、twitterなどではこの話題で盛り上がっていました。

上記ページではメリットが強調されていますが、どちらかと言うとデメリットのほうが大きいので改悪ということになりそうです。

メリットは、マイルを追加すれば座席を確保でき、予定が立てやすくなるということです。マイルを多く持っている人にとっては良いかもしれませんね。ちなみに私は使ってしまったのであまり持っていませんw

デメリットは、やはりキャンセル待ちと予約変更が不可になってしまう事ですね。ステータス持ちのメリットが無くなってしまうこと、そして期限までに空きさえあれば変更できる普通運賃並の自由度が失われてしまいます。

そう言えばJML特典の1つに2倍のマイルを支払うダイヤモンド特典航空券というものがあって、国際線についてはサービス終了しましたが、このルール変更をするためと見ていいでしょうね。

ルールが変わってしまうことはどうしようもないので、今後、ステータス持ちに何か優遇措置が出ることに期待したいと思います。

国内線FOP2倍キャンペーンは来年の2月にした

国内線FOP2倍キャンペーンの事を忘れ気味でしたが、申し込みは今月までなので、対象の方は逃さないように注意しましょうw

私は来年の1~3月で迷いましたが、PRG発券を購入したことで2月に決めて申し込みました。

特便割引が安い1月に稼ぐのが一番安く済みます。でも国際線チケットの国内線を2月にしたし、今年みたいに年の初めからガツガツしなくてもいいかなぁと思いました。

それでもこのままの予定だと2月だけで40000overになってしまいそうですw

SクラスとQ/Nクラスの差

最近はキャンペーン運賃等でQクラスをよく見かけますね。Qクラスはマイル積算率が30%、ボーナスFOP(400)無し、ツアープレミアム適用無しという修行にとってはよろしく無いクラスです。Qクラスと同じ内容でNクラスというのもあります。(Nクラスは個人用運賃とパッケージツアーでは積算率が異なるようです。ここではQと同じ扱いにします。)

ここでYの通常運賃で一番安いSクラスとQ/Nクラスでどのくらい差があるのか比較してみましょう。ここではJML&ツアープレミアム入会でTYO-LHR往復の場合で比較します。

・Sクラス 20506マイル 7014FOP

・Q/Nクラス 8564マイル 3728FOP

特に獲得マイル数で大きな差が出ます。これはツアープレミアム適用かそうでないかですね。一方、FOPは50%と30%の差の他にボーナスFOP(400×2)の差もあります。

ということで修行的にはできるだけSクラスで買いたいところです。