HEL行きの深夜便があるといいね

現在、JLの欧州行深夜便はLHR行きのJL41しかありません。かつてはCDG行きだった便名ですね。

LHRには6時台に到着するので朝から動けて便利です。しかし、乗り継ぎとなるとちょっと微妙です。欧州内で昼過ぎに到着する地域が多いようです。例えば私が利用したPRGは13時くらいの到着でした。

LHRに6時台に着いても、時間が進んでる方向に乗り継ぐので到着が昼くらいになってしまうわけです。ついでに言うとLHRの乗り継ぎは面倒ですね。

そこでHEL行きの夜行便があれば最高ですが、これまた難しい部分があります。HELは利用者にとっては乗り継ぎが楽だし、飛行時間が他の欧州線より短いというのが利点ですね。そして航空会社にとっても片道10時間程度なので1機で往復できるというのが利点だと思います。

しかし、夜行便で1機で回すようなダイヤというのが難しいのです。こんな感じになってしまいます。
HND-HEL 0200-0530
HEL-HND 0800-0030

HEL行きは問題ないでしょう。しかし戻りの便は朝早いし、到着も夜中になってしまいます。そしてHEL発が朝早いために乗り継ぎの集客ができないというのが大きな欠点です。よってHEL行きの深夜便を実現するには他路線と組み合わせるなどして2機使うことになります。

そうそう、すっかり忘れていたけど、AYがKIX線でHEL行の夜行便をやりますね。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201811/004962.html

KIX-HEL 0100-0540
HEL-KIX 0045-1615
というダイヤになって、KIXで長時間待機することになります。週3にして1機で回すのかな。

欧州での鉄道チケット等を購入

10月の欧州行きで、何をするか決めていませんでした。移動するならチケットがそろそろ高くなってしまうので、計画を立てることにしました。

今回は1日半くらい時間があります。たぶん到着後はかなり疲れていると思うのでホテルでゴロゴロしてもいいですが、折角なので色々と動くことにしました。

普通なら有名観光地をまわったり、食べ歩きとかするのでしょうけど、私は鉄ヲタでもありますので、欧州の鉄道に乗りまくることにしました。

色々考えたり調べたりして、ようやくうまく繋がりました。

今回購入したのは…

・夜行列車
・特急(高速鉄道)を2列車
・航空券を2便

これだけで5万円以上かかりました。更にホテルを1泊予約しなければなりません。更に空港から(まで)の移動等で別途チケットを購入したり、思った以上にお金がかかりそうです…。

次の欧州発券ループはPRG発で発券

次の欧州発券をしようと検索したら安いクラスが無くなってしまったので、本格的に調べて購入することにしました。

買ったのはPRG発のチケットです。発券地は欧州内のどこでも良かったけど、その日はPRG発が一番安かったからです。

区間毎のクラスは、L-L-Y-Y-S-Sでした。今回は6区間での発券です。8区間にするつもりでしたが日数が増えてしまうので断念。往路のLクラスは調べた限りではもうここだけで、他はMクラス以上になっていました。復路はどうにかSクラスで発券できました。検索するとNばかり出るので非常に邪魔です。キャンペーンが始まるとQも出てくるからもっと大変ですねw

ちなみに片方はHEL経由にしてAY運航便にしたら、A350で前方の席を指定できました。シートピッチが広めの別料金がかかる席だと思ったので、犬組緑パワーでしょうか。

Vodafone IE sim EU域内ローミングが無料になったのを忘れていて

昨日の記事ではVodafone IEのチェリーポイントについて書きましたが、ふと思ったのが、3月にドイツに行ったときにこのsimを使っていて、EU域内ローミングが無料になったことを忘れていました。

ずっとRed Roamingが適用されていると思い込んでいたようで、つまり通常のデータ通信料金が適用されていたことになります。レートは調べていませんが、残高があまり減っていないので高くはないのでしょう。

そしてEU域内ローミングが無料になったことで、どういうプランがあるのか見てみると、データ通信では1GBが5ユーロ、5GBが15ユーロの2プランがあり、どちらかを購入すればいいわけです。通話用のアドオンもありますが、ここでは省略します。

このアドオンはWEBの管理画面で購入するか、アプリでも購入ができるようです。有効期限は書いてないので不明です。今度使うときに確認します。

Red Roamingだと1日で2.99ユーロ?だったので、2日以上いるのであればお得になったと言えると思います。残高が60ユーロもあるのでなかなか減りそうもありません…。

Cherry Pointが消えた

Vodafone IE simで前回トップアップから半年経ったので、再度トップアップしてみました。

微妙に半年を過ぎていたようで、管理画面にログインしようとするとトップアップ画面に移るので、10ユーロを入れて管理画面が復活しました。残額も無事です。

残高表示の右側にあるはずのものが無い事に気づきました。チェリーポイントです。どこを探しても見つかりませんでした。

チェリーポイントとはトップアップをした時などにもらえるポイントで、これが貯まるとグッズ等やトップアップできる特典です。

そこそこ貯まっていたはずで、もっと貯めてから一気に交換しようと思っていたら無くなってしまいましたw

別なページに「All Cherry Points need to be redeemed on or before 27th March 2018」と書かれていました。残念。

欧州発券 次のループ

欧州発券の次のループを検索していたら、どの区間もLクラス以上しか出てきません(汗。

Lクラスだと諸税を除くと片道約300ユーロ。前回はS+Sクラスの往復で約400ユーロでしたので次は高くなりそうです。日本円で5桁を目指していましたが無理っぽい。

ちなみにLクラスに100ユーロちょっとプラスすればEクラスが取れそうなので、そちらも検討中です。しかし14日までなので時間がありません…。

JL 欧州地区でキャンペーン運賃

販売期間が短いですが、JL欧州各国発日本行きのキャンペーン運賃が出ています。

・フランス発日本行き
http://www.fr.jal.co.jp/frl/cms/contents/ja/jal_news_005257.html
・ドイツ発日本行き
http://www.de.jal.co.jp/del/cms/contents/ja/jal_news_005819.html
・イギリス発日本行き
http://www.uk.jal.co.jp/ukl/cms/contents/ja/jal_news_003789.html
・アイルランド発日本行き
http://www.uk.jal.co.jp/ukl/cms/contents/ja/jal_news_005852.html
・イタリア発日本行き
http://www.it.jal.co.jp/itl/cms/contents/ja/jal_news_005855.html
・オーストリア発日本行き
http://www.at.jal.co.jp/atl/cms/contents/ja/jal_news_006116.html
・ハンガリー、チェコ、ポーランド発日本行き
http://www.at.jal.co.jp/atl/cms/contents/ja/jal_news_005889.html
・ルーマニア、ブルガリア発日本行き
http://www.at.jal.co.jp/atl/cms/contents/ja/jal_news_005854.html
・フィンランド発 日本行き
http://www.nl.jal.co.jp/nll/cms/contents/ja/jal_news_003906.html
・スウェーデン、デンマーク、ノルウェー発日本行き
http://www.nl.jal.co.jp/nll/cms/contents/ja/jal_news_008580.html
・オランダ、ベルギー、ルクセンブルク発日本行き
http://www.nl.jal.co.jp/nll/cms/contents/ja/jal_news_003905.html
・バルト3国発日本行き
http://www.nl.jal.co.jp/nll/cms/contents/ja/jal_news_003911.html

うーん、今年初めにあったオランダ発日本行きXクラスが1700ユーロ台だったので、それほど安い感じはしないですね。

YはQとかNクラスだろうから修行的にメリットは無いですね。PYについては計算してないけど獲得マイル数を考えるとありかもしれません。どうしようかな…。

欧州発券復活 国内線消化

HNDには早朝に到着、サクッと入国します。そして途中降機と消費税をケチったために国内線を消費しなければなりません。

クラスJにアップグレードできなさそうだったので、そのまま国内線乗り継ぎの手荷物検査場へ進みます。BAで出した搭乗券なので係員が不思議そうにするも、バーコードを読み込んで普通に通過。しかしバスが20分おきで少なく、10分以上待ちました。

そしてT1の制限エリア内に到着。ラウンジへ行ってまずシャワーを。国内線のラウンジでシャワーを使うのは初めてでした。意外にもそれなりに需要があるようで、他にも使ってる人がそこそこいるようです。

そしてラウンジで朝の珈琲を一杯いただいて、CTS行に乗り込みます。機材はB767です。着陸の振動で目覚めるまでずっと眠っていました。

CTSに着いたらいつものように↓のラーメンを食べますw

何度も書きますが、空港で美味いラーメンを食べられるCTSは最高ですw

国内線は2区間、ということで次はFUKに向かいます。HND→CTS→FUKよりHND-FUK-CTSのほうが稼げますが、例のマリッジセグメントのせいで後者だと高くなりましたのでこの順番になりました。

CTS-FUKはJLは2往復しかありません。そして毎回乗る度に思うのですが、B738でいつも満席です。B767でも良さそうに思いますが、機材繰りとか色々あるのでしょう。HND-OKAより約100マイルほど短い路線ですが、国内線では長い方になりますので、FOPもそれなりに稼げます。

FUKに到着後はKKJに移動しなければなりません。今回は小倉まで新幹線に乗ってしまいました。16分くらいで着きますし、本数も多いので便利な区間です。小倉からバスでKKJまで行けばいいのに、わざわざ日豊本線で朽網駅まで行って、そこからバスでKKJまで行きました。そしてKKJの東横インで一泊し、翌朝の便でHNDに戻りました。FUK-HNDの特典が取れなかったのでKKJ-HNDにしました。

これで今回のDUS発券の往路が終わりました。復路は10月になります。

 

 

欧州発券復活 DUS-LHR-HND

搭乗券にグループ1と書かれていて、これが優先搭乗なのでしょう。搭乗時刻になってグループ1から搭乗開始したので先に乗らせてもらいます。欧州域内路線の場合、後から乗ると荷物を入れられない可能性が高くなるので…。

機材はA319だった気がします。BA運航便に乗るのは初めてです。それなりに混み合っていましたが、不思議なことに隣、更にはその隣もいませんでした。飲食物は全部有料っぽいですね。短距離路線なので1時間ちょっとでLHRに到着しました。

LHRは初めて利用になります。T5に着いてバスでT3に移動するのは頭に入っていましたが、乗り継ぎの案内通りに進むと電車に乗ることになってあれっ?と思いました。どうやらT5でもコンコースCというところに着いて、メインターミナルに移動しなければならないようです。そしてT3行きのバスに乗ります。バスは10分くらい乗ったと思います。やっとT3に到着し、搭乗券チェックと手荷物検査場を通過してやっとラウンジへ到着しました。と言ってもラウンジの滞在時間は30分程度でした。それなりに混み合っていましたが、座席数は多いようで奥のほうに行くと余裕で座れました。

ラウンジを出てJL便のゲートへ進みます。動く歩道を何本も通ってちょっと遠い感じです。既に行列ができていました。満席のようなので少し期待してしまいましたが、何も起こらずにあっさりと通過wそう言えばイン●ラは何回もありますが、不思議なことにJL運航便で海外発は1回しかありません。しかもICN-NRTというw

LHRを9時台に出発、HNDには6時台に到着します。ということは、乗ってから4時間後くらいに眠ればちょうどいいかなぁと思っていました。しかし、眠ろうと思っても眠れず…。今回のフライトはやたら長く感じました。

機内食は1回目がグラタン、間食はマフィン、到着前は間食のマフィンがでかすぎて腹が減りませんのでパスしました。残念ながら写真を撮り忘れたようです。

ということでロングフライトが終わりました。消費税をケチってストップオーバー無しにしたので更に国内線に乗ります。辛いけどこれこそ修行ですねw

欧州発券復活 DUS空港へ

ホテルに着いたのが18時くらいだったと思います。日本時間で2時ですね。そして翌朝は7時過ぎのフライトでロンドンを経由して帰るわけです。ここはもう日本時間に合わせて行動した方が楽、ということで着いたばかりなのにシャワーを浴びて寝ることにしました。

そして起きたのが4時でした。たっぷり眠れました。7時過ぎのフライトなので、6時くらいには空港に着かなければなりません。なので5時半過ぎの電車に乗ります。鉄道で空港へ行く方法は2つありますが、今回も乗換無しの電車に乗ります。20分間隔で走っていて、15分くらいで空港に着きます。

ということで、5時15分くらいにチェックアウトします。そしてきっぷを購入します。幾らか忘れましたが、3ユーロはしなかったと思います。そして階段前にあるオレンジ色の機械できっぷに刻印します。ホームに上がると朝早い時間でもそれなりに人がいました。

8両編成だったか、電車が定刻でやってきました。ドアボタンを押して開けます。車内はボックスシートでガラガラなので余裕で座れます。暗闇の中を走り、15分くらいでDUS空港に到着しました。

エスカレーターを上って出発フロアへ。BAのカウンターを探します。自動チェックイン機もありますが、BAは対応していないようです。BAのカウンターは3つくらいしかありません。搭乗券を3枚受けとりました。DUS-LHRとLHR-HND、そして国内線区間です。国内線区間は2区間あるので1区間だけ受けとっても中途半端w

チェックインを済ませたら搭乗口へ向かいます。ラウンジがあるのかよくわからん感じでしたが、手荷物検査場が混雑しすぎで、あったとしても寄る時間がありませんでした。BAなので出国審査もありますが、こちらは人が少なくてスムーズに通過しました。特に何も言われませんでした。

ということで入国してからわずか15時間ほどで出国しLHR経由で帰ります。