5月は石垣と波照間へ その11 ISG-HND

最終日、NU70便は10時半くらいの出発なので、朝食をとってさっさと準備をしてホテルを出発しました。

近いバス停は石垣港離島ターミナルだけど、始発のバスターミナルは至近距離なのでバスターミナルへ。

バスターミナルから空港へは時間4本あるので地方空港にしてはかなり便利なほうです。正確には2系統が30分おきですね。

帰りの便もクラスJは満席なので普通席でGO。かなり埋まっていましたが、運のいいことに3席独占で楽ちんなフライトとなりました。

今回のフライトでは片道1836FOPの獲得です。FOP単価が5.4円くらいなので、国内線チケットとしては優秀な部類に入りますね。

最後は写真もないクソみたいな記事になってしまいました。来年以降、各離島をじっくり観光してみたいと思いました。そのなかでもやはり波照間島の海が綺麗だったので、快晴の日に行きたいと強く思いました。

5月は石垣と波照間へ その4 石垣港→波照間港

朝は早めに起きてホテルの朝食会場へ。席確保のためのカードを受け取り、テーブルの上に置いてから食事を取りに行きます。撮影しませんでしたが、食事の種類は豊富で、一般的な料理と沖縄の料理の両方があって満足できる食事だと思います。

波照間島行きの高速船は1日に3往復しかありません。一番早い8時の便に乗るのでさっさと港へ移動します。

石垣島のキャラクターだそうです↓

twitterでよく見かける↓

今日の時刻表↓

波照間航路は左下。「ぱいじま2」のはずがこの日は「ぱいじま」でした。ぱいじま2は奥で昼寝?↓

まずはフリーパスを購入します。クレジットカードが使えます。フリーパス自体では乗船できないので、カウンターで乗船券を受けとります。フリーパスの裏に区間が書かれます。帰りの乗船券も受け取って、オープン券でした。

ぱいじまに乗ります。奥がぱいじま↓

既に長い行列ができていたので窓側に座れず中央席。3-4-3なのでB747みたい↓

波照間航路は揺れると認識していたため、普段は全く使わない酔い止めを飲んでおきました。しかし運がいいのか全く揺れず↓のお世話になりませんでしたw

ぱいじま2は改造で鈍足になってしまい90分かかるところ、ぱいじまはそこそこ速くて70分くらいで到着しました。

波照間港で↓

5月は石垣と波照間へ その3 ホテル編

何年か前に泊まったことがあるホテルに3泊します。

一般的なビジネスホテルよりも少し広め↓

デスク周辺↓

ベッド。十分な広さ↓

バス&トイレ↓

このホテルは浴槽に特徴があります↓

洗面台は別で、浴槽の部分が出っ張っています↓

フロントで入浴剤を貰えます。日替わりで4種類あるようです。3泊なので3つ↓

食事してホテルに戻ったら明日どうするか考えていました。天気は良さそうなので波照間島へ行くことにしました。船で往復7000円くらい。アイランドホッピングパスという乗り放題のチケットを見つけてしまったので波照間島もフリーな3日間用(10000円)を購入することに。そして明後日は石垣島を観光するつもりだったけど、このフリーパスを買うので離島巡りをすることにしました。バスのフリーパスを買って損することになるけどまぁいいでしょう。

5月は石垣と波照間へ その2 HND-ISG

午後便のNU73に乗ります。着くのは17時すぎなので1日がほぼ移動で終わります。そして遅延したので着いたのが18時すぎだったでしょうか。

当日クラスJアップグレードを狙っていましたが満席で撃沈。でも隣が居なかったのでだいぶ楽でした。

2月に乗った直行便と同様に今回も沖縄の島がよく見えました。

伊是名島。まだ行ったことがありません↓

古宇利島↓

右下の大きいのが伊江島。行ったことがありません。伊江島の上に見えるのが水納島で好きな島の1つです↓

伊良部島と下地島。雲が邪魔w下地島空港の滑走路が少し見えます↓

多良間島。平坦な島ですね。こちらもまだ行っていません↓

到着して定番の場所で撮影↓

空港からはバスで移動します。5日間有効2000円のフリーパスを購入しました。40分くらいで石垣港に到着しました。旧空港横の道路が整備されればもっと早くなるはずです。

港から近くのホテルに宿泊します。近いと言っても少し歩きます。外観↓

少し休憩してやっぱりステーキに行きました。店内は中国語しか聞こえずどうなってるんだw

石垣牛のステーキもありました↓

帰り道でコンビニに寄ると紅芋のデザートがあったのでついつい買ってしまいました↓

次回はホテル編です。

5月は石垣と波照間へ その1 準備編

5月の休みは那覇でダラダラ過ごそうと思っていました。どうせ梅雨ですからね。

ところがチケット検索をしているとHND-ISGが安い。ウルトラ先得で普通席が9990円でした。1日に2往復あって、午前・午後便どちらも安かったので、HND発午後便、ISG発午前便を購入しました。

これは個人的な予想ですが、発売開始当初は安くなくて、NHが安い値段で出してきたので、NUも値下げしたのでしょう。

MMYばかりでISGでまともに観光したことは1回しかありません。それもかなり前で川平湾と離島は西表と竹富にちょろっと行っただけでした。

今回は滞在が実質2日間なので、波照間と石垣をそれぞれ1日観光することにしました。ただ、波照間は雨だと面白くないので天気次第で最初に行くか、後に行くか現地で決めることにしました。

波照間島はそんなに大きな島ではないので日帰り、ホテルは全て石垣にしました。以前に泊まったことがある港近くのホテルです。

移動手段は迷いましたが滞在中全てレンタカーを借りるのは無駄なのでバスで移動。ただし石垣島を観光するときはバスだと北部へ行きづらいので、ホテル近くのレンタカーを当日予約で借りればいいかなと。

前述の通り波照間に行く日は天候次第なので波照間でのレンタルバイクか自転車は予約しませんでした。お店は幾つかあるので当日でも余裕でしょう。

ということで航空券とホテルの手配だけして準備完了です。

2倍月間なので…その1-1

2月は国内線FOP2倍キャンペーンの指定月なので稼ぎます。去年はHND-OKAをかなり乗りましたが今年は国際線も絡めてみました。

まずはHND-ISGの早朝便に乗るためにHND周辺で前泊しようかと思いましたが高い!そして偶然にも赤羽に投与コインがオープンして3950円キャンペーンをやっているのを見つけましたので赤羽スタートにしました。HNDまで少し遠くなりますが5:13までのケト線に乗れば間に合うので問題ありません。

まずは投与コインへ。新しいせいか、いつもの投与コインのイメージとはちょっと違いました↓

比較用として従来の投与コインのベッド↓

デスク周辺。隣の川口にも新規オープンしていたようです↓

ベッド横の小物置きの上にはコンセントとUSB端子があります↓

写真には映っていませんが、レインシャワーも付いていました↓

3950円キャンペーン案内↓

3時半に起きるので21時には寝ました。そして普通に起きられました。

始電に間に合ったので赤羽始発のケト線に乗ります。こんな朝早くでも人はそこそこ居るんですねぇ。

隣の中電ホームは始電が遅いので誰もいません↓

往路便はど満席で、復路便はわずかにクラスJに空席があったのでゲットできました。始電に乗って良かったです。

NUの早朝便はMMYとISG行きの2便があって、MMY便は近い10番ゲートから出る確率が高いですが、ISGは遠い5番あたりから出ることが多いようです。少しだけDPラウンジへ寄りました。奥の半個室があったスペースが工事で閉鎖されていました。でも食事スペースが拡大されていましたね。少し休んでから5Aゲートへ向かいました。

ISG行きNU71便に乗ります。機材はもちろんB737-800です。ISGまでの飛行時間は3時間over。離陸して飲み物をいただいた後から眠っていて気づいたら沖縄でした。

SHIがよく見えました。ここに下ろして欲しいと思ってしまいました↓

宮古島と伊良部島、そして下地島↓

こちらは多良間島。まだ行ったことがありません↓

そしてISGに到着。定番の↓

前回は与那国への乗り継ぎで制限エリア外に出なかったので、外に出たのは5年ぶりくらいです。

実はISGでレンタカーを借りてドライブした事が無いのでそうしようと思っていたら、B737-400がもうすぐ引退ということで乗り納めを優先してしまいました。ということでOKAへ飛びます。クラスJが空いていたのでアップグレードしました。

時間があったのでアイスを食べてみます。んー、ブルーシールのほうが好みかなw↓

ということでB734の乗り納め、機材はJA8993でした。この生地の座席ももうすぐ終了↓

白保の海は相変わらず綺麗です↓

約1時間で到着、私にとってのB737-400ラストフライトとなりました。

残りものでも安いのがまだあるよ

先月下旬に3月下旬~10月下旬分の先得系運賃の発売が開始されました。もうお腹いっぱい状態なので特に買うものは無いとスルーしていました。改めて見てみると、まだまだ安い運賃が残っていますね。

一番お得なのは5~6月のHND-ISGですね。平日ならウルトラ先得9990円の日が多々あります。やろうと思えば1日で2往復できますねw観光したいなら早朝便で行って夜に帰るというのもできますし、泊まるのもあり。修行だけなら午後便で行ってすぐ戻るのもよしw

定番のHND-OKAもお得です。HND午後発、OKA午前発なら一万円以下の便があります。土日でも安いので、土曜日の午後発で行って日曜の午前発で戻る、という修行が良さそうです。

NUは旅客数がMMY>ISG?

何気なくJLの輸送実績表を見ていたら、OKA-MMYの旅客数がOKA-ISGより多い事に気づきました。

試しに2016年5月~2017年4月の1年間で調べてみると…

NU OKA-MMY 682964人  OKA-ISG 559125人

けっこうな差が出ています。旧ISGの頃、ISG-OKAは日中に45分間隔くらいで飛んでいてISG線の本数は多いなぁという印象が残っていたので、MMYのほうが利用客が多くなっていたのは意外でした。伊良部大橋が開通したから?でも観光的要素は石垣島>宮古島だと思っているので不思議です。何でだろう?自分は宮古島のほうが好きですけどねw

一方、HNDからの直行便は当然ながら1日2本のISGのほうが旅客数が多いです。

NU HND-MMY 89434人 HND-ISG 166262人

89434人を365で割って更に半分にすると、1便あたり約122人で利用率は約74%とそこそこの数値です。現在はHND早朝発、夜間着で時間が悪く、OKA乗り継ぎの利用者がある程度いることを考えれば、もっと便利な時間に1往復増発してもそこそこ乗りそうな気がします。まぁ枠が無いんでしょうけども…。

 

比較のためにNHのデータも調べました。

NH OKA-MMY 416673人  OKA-ISG 455472人 HND-MMY 118516人 HND-ISG 322208人

NHはISGのほうが利用者が多いようです。ただし、OKA線、HND線ともにISGのほうが本数も多いです。HND-ISGはNUよりも機材が大きいとはいえ、旅客数がNUの倍近くあるのが凄いですね。