2019-09 欧州修行 その6 FUK-CTS 昼も夜もラーメン

ラウンジでパンを食べました。袋に入っているのはクロワッサン↓

制限エリア内に一蘭があったので久しぶりに食べてみました↓

何年ぶりだろう。前回食べたのは上野駅ということだけはっきり覚えていて、たぶん15年以上前だと思います。味はう~ん、こんな感じだっけ…といった感想です。

FUK-CTSはそこそこの距離がありますからクラスJが取れてよかったです。朝早かったせいかずっと眠っていたと思います。

CTSに着いたらまたラーメンを食べますwらーめん道場の一番奥のいつものお店↓

少し休憩して電車に乗ります。それにしてもエアポート号が混みすぎですね。721系でデッキもいっぱいでした。札幌まで乗るなら次の列車にするけど2駅なので我慢。

そして千歳駅に到着しました。高架駅としてはかなり古いようです。初めて降りました↓

駅直結のホテルに泊まります。

秋田の719系が終了…

ネット検索をしていたら、11/20の朝をもって秋田で走っている719系の運用が終了したというのを見ました。

実は先月の中旬に乗ろうと考えていました。GKの庄内便がセールでかなり安かったので、ついでに秋田まで乗りに行こうとルートを考えているうちにセールが終了して逃しましたw

秋田の719系が今後どうなるかは不明ですが、廃車になる可能性が高いかなと思います。そうすると719系0番台が残るのは常磐線の仙台~原ノ町1往復と原ノ町~浪江だけになります。常磐線が全線復活したらこの719系も消えると予想します。

719系は他に標準軌仕様の5000番台とフルーティア用に改造された700番台があります。5000番台は当分残りそうですね。山形線で爆走するので好きですw

719系と言えば211系顔ですね。211顔は他に213系、415-1500、四国6000系があって、どれも登場からかなり経ちますが、意外とあと10年経っても残ってそうな気がします。

2019-09 欧州修行 その5 宇美駅&819系

南福岡駅からは香椎線宇美駅までバスに乗車します。南福岡駅のバス停で長い行列ができていたので立ちかなぁと思っていたら、同じ乗り場の別な系統の列だったようで、宇美方面行はガラガラでした。途中、西鉄の踏切を通ったら高架化工事をしていました。バスは宇美駅のちょっと手前にある車庫みたいなところが終点でした。

香椎線宇美駅↓

列車運行情報画面があって便利↓

宇美駅に行った理由は、かなり前に香椎線の長者原~宇美間に乗った記憶があるものの曖昧で怪しいので乗っておこうと思っただけですw

謎のポイント↓

非電化の香椎線に最近導入された蓄電池電車BEC819系↓

ちなみに香椎駅で充電するので宇美駅には充電設備がありません。

車内↓

ロングシート↓

床はQRコード風↓

宇美駅から香椎駅まで乗車し、鹿児島本線に乗り換えて博多に戻りました。

遅延理由を正確に言って欲しい

ちょっと前のことですが、よく乗っている列車が10分遅れていました。駅の放送では「お乗り換えのお客様を待ったため」という理由でした。何度も同じ放送があり、一般人ならふ~ん、って感じであまり気にしないかもしれません。しかし鉄オタでもある私にとっては意味不明で納得できる理由ではありませんでした。というのもその駅は乗り換え駅では無いからです。待たなければならないほどのVIPでも居たのか!?と思いましたが、そもそもそんな人は一般列車なんて乗らないでしょう。

それでその遅れた列車に乗って遅延理由がわかりました。下り列車がオーバーランをして客がその駅で降りられず通過扱いとなり、次の駅で上り列車に乗り換えとなって、その客を待ったために上り列車が遅れたということでした。車掌の放送によって詳細な遅延理由がわかって納得しました。ただし、次の上り列車がすぐ来るのにもかかわらず、わざわざ10分も停車して遅延させた「指令の判断」には納得できませんw

ちなみに10分遅れても回復運転はされませんでした。最近はほとんどしないようです。通常ダイヤがゆとりダイヤなので普通に走るだけで遅れを取り戻せるのです。今回乗った列車もゆとりダイヤでしたがさすがに10分の遅れは取り戻せませんでした。

特に最近は列車遅延が多いように思います。でも「○分遅れで運転しております。申し訳ございません」と言うだけで理由を言わないことも多いですし、曖昧な事しか言わない事が多いです。もっと正確な情報が欲しいと思いました。

10/26 京成線ダイヤ改正

10/26に京成線でダイヤ改正が行われました。といっても記事を書いているのは改正前です。

内容としてはスカイライナーが殆どの時間帯で20分おきに運行されるというのが目玉です。今までは40分間隔の時間帯も多かったので、これはとても便利になったと言えるでしょう。

一方、京成本線では日中に京成上野~成田空港の特急が20分おきにありましたが、この一部を快速特急に置き換えられました。特急と快速特急は京成佐倉~成田が各停かノンストップかの違いになります。つまり快速特急に昇格すれば所要時間短縮で良い改正と思われるかもしれませんが、この快速特急は運転区間が京成上野~京成成田なのです。これでは成田~空港間の本数が減ってしまいますから、代わりに京成佐倉発着の快速の一部を空港発着に変更し、下りは京成佐倉倉、上りは京成成田で快速特急と快速を接続ということになりそうです。

特急が40分おき、快速特急も40分おきなので京成上野~京成成田は2種別で20分おきとなり、本数的には今まで通りとなります。京成成田~成田空港間は特急が40分おき、快速も40分おきとなり、こちらも2種別で時間3本となります。

改正後の第2ターミナル駅京成線上り時刻表(スカイライナーを除く)はこんな感じです↓

まず本線系統の20分おきが崩れています。そして一番良くないと思うのが特急とアクセス特急が同じような時間に出発することです。せめてアクセス特急と合わせて20分おきならまだマシだったのですが…。

例えば12:06のアクセス特急と12:11の特急を逃した場合は12:28の快速に乗ることになります。そのまま乗っていても都内へ行けますが、快速は停車駅が多いのでとても遅いです。ですから多くの人は京成成田で快速特急に乗り換えるでしょう。その快速特急は青砥で12:47発のアクセス特急と接続をとります。つまり都営線方面へ向かう場合は快速に乗る意味がありません。利点は運賃が少し安くなるくらいでしょう。でも荷物を持って2回乗り換えるのは面倒でしょう。

はっきり言って今回のダイヤ改正で無料優等をこんな面倒なことにしたのは理解できません。ただでさえ本線とスカイアクセス線経由があってわかりにくいのに、余計にわかりにくくなっただけです。特急と快速特急の所用時間差はたったの3分程度です。こんな複雑にするくらいなら改正前の特急が時間3本だったほうがわかりやすくて良かったと思います。まぁ京成としてはスカイライナーに乗ってくれという事でしょうか。せめて青砥に停まってくれれば便利になる人ってけっこういると思うんですけどねぇ。どうせあの辺りはノロノロ走ってるしw

ちなみにアクセス特急ができても本線特急って意外と利用者が多いんですよ。恐らく苦情が多くなることでしょう。

2019-08 四国 その18 しおかぜ&南風号で高知へ

松山からは高知へ向かいます。しおかぜ号は行きと同じで8000系。

こんな椅子↓

しおかぜ号ではほとんど眠っていました。南風号への乗り換え駅は多度津ですが、時間があるので宇多津まで行って乗り換えます。

ちょっと遅れて乗り換え時間が少なかったけど無事に乗り換え。南風号は最前列を取っていましたが、この2000系は何かの機器が追加されたのか微妙に邪魔w↓

夕陽↓

ぶれてしまいましたが多度津駅で6000系を目撃。確か伊予西条行きロングラン列車↓

真っ暗になってしまったので景色を楽しめず再度眠ってしまいました。高知駅に到着して今回の鉄道移動は終了となりました。

余談ですが、多度津から土讃線に入ると架線がしょぼく見えました。調べてみると多度津~琴平は簡易電化だったようです。

2019-08 四国 その17 予讃線海回りに乗る

伊予大洲駅から松山行きの海回り普通列車に乗ります。キハ32単行でした。

特急が走る内子線経由とは違って明らかに線路状態が良くないことがわかります。最高時速は85km/hだけどそんなに出したら怖いくらいです。

伊予長浜駅から海沿いを走ります。その伊予長浜駅では長時間停車がありました。トイレ無し車両なのでトイレ休憩と乗務員休憩なのでしょう。

後方の様子↓

良い景色ですね↓

有名な下灘駅では観光客がいっぱいいて、もちろん乗降も多数ありました。残念ながら降りて写真を撮る時間はありません。

向ヶ原手前で新線と合流してJR四国全線完乗となりました。この勢いで他のJRも全部乗りたいところですが難しいですね。

松山駅↓

縦列停車↓

ビールトロッコという団体列車がありました↓

2019-08 四国 その16 予讃線未乗区間に乗るために松山方面へ

予讃線で乗っていない区間があるのでまずは松山へ。高松からのいしづち号はG車無しなので宇多津駅で乗り換えることになります。しかし鉄ヲタとしては一般車両にも乗っておこうということで、坂出までマリンライナー、そこから7200系の普通列車で宇多津まで行きました。

宇多津からしおかぜ号に乗ります。G車で海側は2人掛けのほうなので、隣がいなければいいな~と思ったらいました。でも次の丸亀で降りていきました。

海が見えるとこんな感じ↓

有名な津嶋神社↓

年に2日しか営業しない駅↓

乗ったのは8000系で振り子車両って感じ↓

どこだか忘れましたがこちらも良い景色↓

松山駅に到着しました。宇和海号に乗り換えますが、珍しく別ホーム乗り換えでした。

2000と8600↓

2000系の座席↓

宇和海号は伊予大洲駅まで乗車しました。予讃線の海線に乗ればJR四国全線完乗となります。前日に乗ることもできましたが、この区間は景色が良いので夜に乗っても面白くありません。なので日中に乗るために再度松山へ行きました。

松山までの予讃線は一線スルー化されていますが、松山から宇和島方面はそうではないようです↓まぁ、この駅は全列車停車しますが。

2ルートの案内板↓

伊予大洲駅↓

2019-08 四国 その15 鳴門線完乗&高松に戻る

うずしお号は勝瑞駅で降りました。初日に乗らなかった鳴門線に乗るためです。高徳線との分岐駅池谷駅は通過なのでその隣の勝瑞から鳴門線に乗ります。

やってきたのは2両編成で1500+1200という組み合わせでした。とりあえず1200側に乗って見ました。

単線非電化↓

鳴門駅に到着↓

これで鳴門線を完乗しました。残りは予讃線だけです。到着した列車は折り返し徳島行きとなり、すぐに発車してしまうので今回は改札外に出ることはなく1500側の客となってすぐに去りました。

徳島駅に到着。キハ185等がいました↓

徳島から再度2700系うずしお号で高松に戻ります。ずっと寝ていて記憶がありません。

反射しまくり↓

2019-08 四国 その14 新車2700系に乗る

朝の高松駅↓

徳島行き、2700系うずしお号が入線していました↓

横から↓

座席↓

指定席はヘッドレストカバーが違います↓

右側ならどうにか前が見えそうな感じ。左側は壁でした↓

テーブルには車内設備案内が↓

まもなく栗林(りつりん)↓

気になる駅名オレンジタウン。ごく普通の駅でした。ちょっと映ってるけど上りのうずしお号と交換待ち↓

デビューしたばかりなのでマニアックな人がいるのかな~と思っていましたが、全くいませんでした。車内はガラガラで、やはり高速バスが強いのかな。高徳線は130km/h対応だけど、そんなスピードを出せるところは少ないように思えました。